東京女子流が横浜BLITZで全曲ライブ | GirlsNews

東京女子流が横浜BLITZで全曲ライブ

東京女子流 ※提供写真
東京女子流 ※提供写真
  • 東京女子流 ※提供写真
  • 東京女子流 ※提供写真
  • 東京女子流 ※提供写真
  • 東京女子流 ※提供写真
  • 東京女子流 ※提供写真
  • 東京女子流 ※提供写真
  • 東京女子流 ※提供写真
  • 東京女子流 ※提供写真
  • 東京女子流 ※提供写真
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

 8月23日、ガールズ・ダンス&ボーカルグループ 東京女子流が横浜BLITZにて「TGS Discography」と題した全曲ライブを行った。 
 
 8月24日に発売された7thシングル「Limited addiction / We Will Win! -ココロのバトンでポ・ポンのポ~ン☆-」をHMVの対象店舗でCDを購入すれば入場できるインストアイベント的なライブであるが、横浜BLITZは彼女たちにとって最大規模の会場でのライブである。 
 
 この日、ステージ上にHMVのお馴染みのポロシャツを着て登場し、デビュー曲「キラリ☆」で開演!そこからノンストップで7曲を歌い上げた所で初のMC「みなさんこんばんはー!東京女子流です。」と元気よく挨拶をし、「こんなに大きなステージで、たくさんお客さんが来てくれて、楽屋では女子流みんなでおびえてました。」と開演までの心境を明かし会場のファンを笑わせた。「後半戦も長いですよ~後半の方が盛り上がる曲がたくさんあるので、女子流も頑張って声を出すので、みなさんも倍の声を出して下さい!」と、ライブ後半戦がスタートし次々とスピード感あるダンスとともにノンストップで歌い上げた。 
 
 全曲を終えた後に「女子流のアーティストフォトBOOKの発売が決定しました。」と彼女たちからうれしい告知があった。スタジオ撮影他、都内デートスポットで撮影したソロカット、そしてヒストリーインタビューなど、女子流の今がぎっしりと詰まった作品になっており、タイトルは「キミと僕が見た空」で10月22日に発売。 
 
 このタイトルにはファンとの深い意味が込められており、キミ=ファン、僕=女子流、見た空=女子流とみなさんがつながっているのが空という、デビュー曲「キラリ☆」の歌詞を元に付けたタイトルの秘話も明かした。 
 
 最後に「横浜BLITZでイベントができると思わなかったので、良い思い出が出来ました、ありがとうございました」とお礼の言葉で締め、全曲LIVEは幕を閉じた。 
 
 今回のライブは曲が始まる前に大型スクリーンに文章と曲名と出て曲がスタート、楽曲の良さやスピィーディなダンスに磨かれていく歌唱力などを存分に味わえるライブであった。 
 
 東京女子流は、8月27日・28日には「TOKYO IDOL FESTIVAL2011」に出演。8月28日には「a-nation 10th Anniversary for Life Charge&Go! ウイダーinゼリー」に出演する。 
 
 
<セットリスト> 
 
TGS01:キラリ☆ 
TGS02:おんなじキモチ 
TGS03:頑張って いつだって 信じてる 
TGS04:鼓動の秘密 
TGS05:ヒマワリと星屑 
TGS06:ゆうやけハナビ 
TGS07:きっと 忘れない、、、 
TGS08:サヨナラ、ありがとう。 
TGS09:Love like candy floss 
TGS10:Attack Hyper Beat POP 
TGS11:孤独の果て~月が泣いてる~ 
TGS12:タイトル未定 
TGS13:Limited addiction 
TGS14:Don’t Be Cruel 
TGS15:僕の手紙 
  16:We Will Win! ~ココロのバトンでポ・ポンのポ~ン☆~ 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

東京女子流の動画を観る

関連リンク

東京女子流*(TOKYO GIRLS' STYLE)オフィシャルサイト

関連商品