AKB48・SKE48・NMB48・HKT48が3都市同時に舞台あいさつ | GirlsNews

AKB48・SKE48・NMB48・HKT48が3都市同時に舞台あいさつ

AKB48グループ
AKB48 大ヒットスタート御礼!3都市同時舞台あいさつ大阪会場
AKB48 大ヒットスタート御礼!3都市同時舞台あいさつ大阪会場
  • AKB48 大ヒットスタート御礼!3都市同時舞台あいさつ名古屋会場
  • AKB48 大ヒットスタート御礼!3都市同時舞台あいさつ福岡会場
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

 2月7日、AKB48の2012年を追ったドキュメンタリー映画『DOCUMENTARY OF AKB48 NO FLOWER WITHOUT RAIN少女たちは涙の後に何を見る?』の「大ヒットスタート御礼!3都市同時舞台あいさつ」が行われた。

 名古屋会場にはAKB48 市川美織・竹内美宥、SKE48 松井玲奈・木崎ゆりあ・木本花音・古畑奈和、大阪会場にはAKB48 加藤玲奈・藤江れいな、NMB48 小笠原茉由・小谷里歩・上西恵・吉田朱里、福岡会場にはAKB48 大家志津香・梅田彩佳、HKT48 多田愛佳・兒玉遥・松岡菜摘・本村碧唯が舞台挨拶に登壇。

 2012年はどんな1年だったか質問されると、

 木崎ゆりあ:SKE48として大好きなコンサートをガイシホールでやらせていただいたのがすごい楽たのしかった思い出があって、今年も武道館でSKE48単独であるので、ぜひ皆さん遊びに来て下さい。

 松井玲奈:SKE48が単独で紅白歌合戦に出場させていただけたことが、とても大きいことだなと思って、今年もこれでまた一歩進んでいけたらなと思います。

 市川美織:憧れであった東京ドームコンサートでの新組閣発表でチーム4がなくなってしまったことが、私にとってすごく一番衝撃的だったなと思います。

 竹内美宥:昨年1年、結構周りの変化が大きかった1年で、私自身も来年高校卒業になるので、学生として最後の1年を楽しもうと思った1年です。

 木本花音:SKEとしても個人としても、沢山色々なことを学ばせていただいた年で、すごく大きく成長できた年だなと思っています。

 古畑奈和:5期生に曲を書いていただいて、そしてSKE48リクエストアワーで「目が痛いぐらい晴れた空」で4位という素晴らしい順位を頂けて、5期生にとってもいい年になったんではないかなと思います。

 加藤玲奈:昨年は本当に色んなことがありまして、やっぱり私の中で一番大きかったことはチーム4がなくなったことだったんですけれど。チーム4がなくなって、新しいチームBになって、いろんな先輩方と一緒に同じチームになることができて、これからも頑張ろうと思えた年でした。

 藤江れいな:私は、やっぱり2012年本当に濃かったなと思っていて、AKB48的には前田敦子ちゃんの卒業が一番大きかったんじゃないかなと思っています。あとやっぱり私たちのことでいうとチーム組閣が行われて、新しいチームの活動も始まったので、また違う色のAKB48を皆さんに見ていただけたら嬉しいなと思います。

 小笠原茉由:昨年は個人的にR-1グランプリに出場して、三回戦まで勝たせていただいて、アイドルなのか芸人なのかよくわからない活動で皆さんを困らせて、本当に申し訳ないと思っていたんですけれど。でもそこで自分の殻が破れたというかなんかもっともっと素を出していって、NMB48としての活動も、一芸人としての活動も、もっともっと楽しんでいこうと思えた一年でした。

 小谷里歩:ホップステップジャンプというような感じで、すごくびっくりなことが多かった一年でした。

 上西恵:2012年は、私は将来女優さんになることが夢なんですが、初めてのドラマに出演させてもらって、少しでも自分の夢に近づけた年じゃないかと思っています。

 吉田朱里:2012年は高校生になったということで、中身も外見もちょっと大人っぽくなれたんじゃないかな、と思っています。

 梅田彩佳:2012年は色々あったんですけど、私的にはそうですね、キャプテンになったりとか、総選挙で選抜入れてもらったりっていうところを通して、ファンの方々やスタッフに背中を押してもらった年だなと思います。2013年は押してもらった分、自分で返すという年にしたいと思ってます。

 大家志津香:去年一年はレギュラー番組のバラエティが決まったり、あとお天気お姉さんになったり…、そこ笑うところじゃないですよ。真剣にお天気お姉さんになったこととか、私的に状況が凄く変わった一年だなと思ったので、今年はそれをもう一歩進んだ一年で、ガンと行かずに緩やかに登っていけたらと思います。

 多田愛佳:私は去年の東京ドームでHKT48に移籍することを決意したことが、2012年一番大きな出来事かなと思います。もちろん自分で決めたことだったんですけど、AKB48にいたときは正直未来が見えすぎていたんですが、HKTに移籍しようかなと考えたとき、自分自身で左右できそうなのが楽しそうだなと決断したんですけど。2013年になって11月1日に劇場デビューして3ヶ月くらいたつんですけど、メンバーと1日ずっと濃厚な1日が過ごせているので、もう1年、2年くらい一緒にいるんじゃないかと思えるくらいいい決断ができたなという1年でした。

 兒玉遥:去年は本当に愛ちゃんとかサッシーがHKTに来てくださったり、あとはCDデビューが決まったり武道館も決まったのでなんかもういろんなことがありすぎて、奇想天外な一年だったなって思います。

 松岡菜摘:サッシーがきて愛ちゃんがきて、そして二期生が入ってきてメンバーが増えて一回り大きくなったHTK48なんですけど。周りからの刺激を受けて、ちょっとなんですけど大きくなれたんじゃないかと思うんですが、まだまだと思うので先輩方を追い越せるように頑張って行きたいと思います。

 最後にAKB48の梅田彩佳さんは「初めて観る方もたくさんいらっしゃるかと思いますが、この映画は2時間7分なんですけど、2012年のAKB48をキュッと閉じ込めた映画で、私たちメンバーが普段たくさん活動してる中で、メンバーと苦悩を共にしたり楽しいこと一緒にしたりして、いろんな場面を目にしているんですけど。この裏では「こんなことがあったんだ」って私も初めて知ることがたくさんありました。そのいろんなことを、この映画を見てファンのかたにぜひ「AKB48ってこんななんだ」って。ステージに立つ時は私たちはAKB48 というアイドルにならなきゃいけないんですけど、そこの何十センチのステージにたつために、これだけ普通の少女たちが笑ったり泣いたりしているんだっていうのを見ていただいて、2013年もそのドキュメンタリーに私たちと一緒に付き合っていただければ嬉しいなと思います。」と締めくくった。

(c)2013「DOCUMENTARY of AKB48」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

AKB48の動画を観る

関連リンク

映画『AKB48ドキュメンタリー』公式

関連商品

第6回 AKB48紅白対抗歌合戦 [Blu-ray] / AKB48

/ Blu-ray AKS(2017-03-01)

定価:¥ 7,020

SKE48 MV COLLECTION ~箱推しの中身~ COMPLETE BOX [Blu-ray] / SKE48

/ Blu-ray avex trax(2016-12-21)

定価:¥ 11,880

Languages