宮澤佐江、大好きな作品でアフレコ初体験 “10年のアイドル人生にかけて”頑張った | GirlsNews

宮澤佐江、大好きな作品でアフレコ初体験 “10年のアイドル人生にかけて”頑張った

『フラーハウス』スペシャルイベントより
『フラーハウス』スペシャルイベントより
  • 『フラーハウス』スペシャルイベントより
  • 『フラーハウス』スペシャルイベントより
  • 『フラーハウス』スペシャルイベントより
  • 『フラーハウス』スペシャルイベントより
  • 『フラーハウス』スペシャルイベントより
  • 『フラーハウス』スペシャルイベントより
  • 『フラーハウス』スペシャルイベントより
  • 『フラーハウス』スペシャルイベントより
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

元AKB48グループで女優の宮澤佐江さんが25日、都内にて行われた配信ドラマ『フラーハウス』のスペシャルイベントに登場。小学生の頃から大ファンだったという同作のアフレコを、声優二人と共演した。感激の様子の宮澤さんは「10年間のアイドル人生にかけて頑張りたいと思います!」と意気込み、初のアフレコに挑んだ。

大人気ファミリードラマ『フルハウス』の家族たちのその後を描いた新ドラマ『フラーハウス』。20年ぶりにオリジナル版のキャストが最集結することでも話題になっている。

この日のイベントでは『フルハウス』に続き、声優を務める長女D.J.役の坂本千夏さん、その親友キミー役の伊藤美紀さんが登壇しトーク。その後、ファン代表として宮澤さんが呼び込まれた。3月にSKE48とSHN48から卒業した宮澤さん。「久しぶりのフラッシュが嬉しいです!」と笑顔で登場した

宮澤さんは、「小学生の頃、夕方お家に帰ったらちょうど『フルハウス』をやっていて、母と二人のお兄ちゃんと一緒に見て、本当に楽しませてもらっていました」と思い出を語る。「当時は子どもだったので、家族構成を詳しく理解できていなかったんですけど、今大人になってから、どういう家族構成か把握した上で、『フラーハウス』や『フルハウス』をもう一回観させてもらうと、『なるほどな』と思うところがたくさんあって、お話の深さに気づけたり、当時とは違うところで笑えるようになりました」と嬉しそうに話す。

その後、坂本さんと伊藤さんによる公開アフレコを見学、宮澤さんは「すごい!『すごい』以上の言葉がほしいくらい、今感動しています!  放送された分と、今生で聞くのとは少し違う部分があるのも感動しますね」と感激の表情を見せた。

その後、宮澤さんもアフレコを体験。まったくの初体験でしかも「ご本人さんの目の前でやらせてもらうのはとても緊張するんですけど…」といいながら、まずはD.J.役に挑戦。坂本さんから「80点」の評価をもらった。続いてキミー役にも挑戦。

宮澤さんの芝居に伊藤さんは「一回目と二回目でこんなに上達するとは…」、坂本さんも「ヨゴレな芝居がきちんとできていた」と好評で、伊藤さんから「93点」をもらった。さらに3人でもアフレコし、坂本さんから「思いっきりのよさがいい」と褒められていた。

最後に宮澤さんは、「家族の温かさだったり、友人の温かさだったり、コミカルでおもしろい部分もあるんですけど、その中にある愛情絆がすごく伝わってきます。たくさんの方に観てもらって共感していただければ」とアピールした。

『フラーハウス』はネットフリックスにて配信中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連商品

Languages