板野友美、初主演映画公開で感激も、「次にホラー映画をやるとしたら楽しい場面だけでいい」(!?) | GirlsNews

板野友美、初主演映画公開で感激も、「次にホラー映画をやるとしたら楽しい場面だけでいい」(!?)

板野友美
板野友美
  • 入来茉里
  • 『のぞきめ』初日舞台挨拶より
  • 入来茉里、板野友美
  • 石井心愛
  • 板野友美
  • 入来茉里
  • 『のぞきめ』初日舞台挨拶より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

板野友美さん初主演の映画『のぞきめ』が2日、公開初日を迎え、都内にて行われた初日舞台挨拶にキャスト、監督とともに登壇した。板野さんは「やっとこの日が来たなという感じですごくドキドキしています」と初日の喜びを語った。

同じ場所で起きた、時代の異なる二つの怪事件。過去・現在に共通するのは、事件のカギとなる怪異“のぞきめ”の存在。窓、タンス、カーテンの隅。それは目が合った人間を恐怖のどん底に突き落とす…。

本作が撮影されたのは約1年前。板野さんは「1年って短いようで長い。やっとこれで完成というかみなさんにお披露目できるんだなと思うとドキドキですね」と話す。また入来茉里さんも「やっと私たちが作ったものを観ていただけるようになり、今日からみなさんの反応が返ってくるのでとっても楽しみです」と嬉しそうに語った。

今後ホラー映画に出演するとしたら、どんな役をやってみたいかとの問いには、「ホラー映画だけど楽しい場面で出演したい」という板野さん、「私は今回のぞかれる役だったので、今度はのぞくほうをやってみたい」という入来さん、また白石隼也さんも含めメインキャスト陣が「本筋とは関係ないところで出演したい」と、遠慮がちなのか大人気ない発言が続く中、子役の石井心愛ちゃんは「私は怖い映画が苦手なので、できればハートウォーミングな映画がいいです」と大人びた答えに場内は感心。今回”のぞきめ”役を演じている心愛ちゃんだが「もしまた続編があるなら、またのぞきめ役で出てみたいです」としっかりと答えていた。

一方、吉田鋼太郎さんは「僕ものぞきめ役、いや、”のぞき魔”役で友美ちゃんをのぞきたいです」と、コテコテの大人のオジサンの意見で場内を笑わせた。続いて行われたヒット祈願の鏡開きでは樽の中から、なんと”のぞきめちゃん”が登場。キャストたちを驚かせていた。

最後に板野さんは「今回初主演ということで最初不安もあったんですけど、共演者のみなさん、監督さん、そして大勢のスタッフさんと一つの作品を作ることのすばらしさを知りました。今日この日を迎えられたことをすごくうれしく思いますし、感謝しています」と改めて感謝の気持ちを表した。

入来さんは「初主演の映画というのは一生に一回しかないので、今回トモ(板野さん)の初主演の映画に一緒に参加できたことを私自身もすごく嬉しいなと思います。見どころはたくさんあるんですけど、出演者は身体を張っていて、私もいろいろな姿をお見せできるかなと思います」とアピールした。

舞台挨拶には、玉城裕規さん、三木康一郎監督も登壇した。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連商品

Tomomi Itano ASIA TOUR 2016 【OOO】 LIVE Blu-ray / 板野友美

/ Blu-ray キングレコード(2016-11-23)

定価:¥ 6,980

入来茉里 まっすぐ [DVD] / 入来茉里

/ DVD 彩文館出版(2008-12-20)

定価:¥ 4,104

Languages