映画『真田十勇士』クランクアップ報告 大島優子「圧倒的な映像を楽しみにしていて」 | GirlsNews

映画『真田十勇士』クランクアップ報告 大島優子「圧倒的な映像を楽しみにしていて」

映画『真田十勇士』の「クランクアップ報告会見」
映画『真田十勇士』の「クランクアップ報告会見」
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『真田十勇士』の「クランクアップ報告会見」が17日、都内にて行われ、主演で猿飛佐助役の中村勘九郎さん、霧隠才蔵役の松坂桃李さん、火垂役の大島優子さんらキャストが登壇。大島さんは”男だらけ”の撮影を振り返り、「男くさい現場だなと思いました(笑)。でも現場は朗らかで雰囲気はとてもよかったです」と笑顔で語った。

豊臣・徳川の最後の決戦“大坂の陣”から400年となる2014年、大ヒットしたスペクタクル超大作舞台『真田十勇士』が、同作品の演出を手掛けた堤幸彦監督により映画化され、9月22日(祝・木)に全国公開される。また、本作の公開と同時期に、堤監督演出で舞台上演されることも決定し、映画と舞台を同時期に公開・上演するという、映画界・演劇界にとって史上初の画期的な試みが本格的に始動する。

先日、約2ヵ月半におよぶ撮影がクランクアップを迎えた本作。その「クランクアップ報告会見」では、和太鼓団体「信州上田・真田陣太鼓保存会」による勇壮な和太鼓演出披露のあと、出演キャストは、劇中の甲冑や着物に身をつつみ登壇。撮影中のエピソードや本作に掛ける想いなどを語った。

大島さんは”十勇士”たちの芝居に、「(会場で流れた映像を見て)この素敵な空間が映像にも伝わっているんだなということを確信しましたし、何よりもみなさんの殺陣とアクションがとてもかっこいいです。現場スタッフさんたちも大変そうでしたが、武士のように闘っている姿を見て本当にかっこいいなと思っていました」と振り返った。

また堤監督について大島さんは、「監督はなんでも私にやらせるんですが(笑)、今回は木を縦に走るアクションをワイヤーでやりました。なかなか難しかったですが、いい経験になりました。堤監督は何度かご一緒させていただいていますが、イチイチすごいなと思いました。細かなところまで行き届いていて、迫力のある斬新なものをお届けするというパワーを秘めている方だなと思って、今回もご一緒させていただけることをとても嬉しく思っています」と話した。

イベントの最後には登壇者全員で威勢良く“出陣の発声”をし、熱気にの中終了した。

天下の名将と名高い真田幸村が実は腰抜けの武将であった、という人気脚本家マキノノゾミが大胆な発想による本作。幸村を本物の立派な武将に仕立てるため、猿飛佐助が大博打に打って出る。抜け忍仲間の霧隠才蔵を筆頭に、才蔵の手下である三好兄弟(清海・伊三)、数々の戦を戦い抜いてきた由利鎌之助や筧十蔵、頭脳明晰な海野六郎や真田幸村の息子・真田大助。その大助の剣術指導者・望月六郎、さらに十勇士の成りすましとして拘束されながらも、最後に迎えられる根津甚八。超個性的な10人が集まり、「真田十勇士」を結成。徳川軍との決戦に挑んでゆく…。

この日のイベントには永山絢斗さん、加藤和樹さん、高橋光臣さん、駿河太郎さん、村井良大さん、荒井敦史さん、加藤雅也さん、大竹しのぶさん、石垣佑磨さんも登壇した。

映画『真田十勇士』は9月22日(祝・木)全国ロードショー。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

大島優子の動画を観る

関連商品

Languages