吉井怜 映画「君が愛したラストシーン」は私の中では3役ぐらいあったような感覚 | GirlsNews

吉井怜 映画「君が愛したラストシーン」は私の中では3役ぐらいあったような感覚

女優, 映画・ドラマ
映画「君が愛したラストシーン」初日舞台あいさつより
映画「君が愛したラストシーン」初日舞台あいさつより
  • 映画「君が愛したラストシーン」初日舞台あいさつより
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

 4月6日、ラブ&エロス シネマ・コレクション2ndシーズン“Spring” 映画「君が愛したラストシーン」の初日舞台あいさつが池袋シネマ・ロサにて行われ、女優の吉井怜・俳優の窪塚俊介ら出演者陣が登壇した。

 本作では女優の吉井怜さんがテレビの中から飛び出してくる映画のヒロイン・美波と、かつて美波を演じていた女優の亜希の2役を演じている。

 吉井怜さんは「1人の人間という部分での劇中劇っていう部分も有りますし、私の中では3役ぐらいあったような感覚で、同じ人間っていう部分で変え方がわからなかったです。私から出る声は一緒ですし、顔も全部全て一緒ですし、その時の時間軸や感情面で出すのが難しかったなと思いつつ・・・。」と2役を演じたことについてコメント。

 印象に残ってるシーンとして「めまぐるしく皆で協力しあって撮影していたので、見ている方がそれぞれに思い入れのできるシーンがあればいいなと思いながら撮影してました。」と振り返る。

 窪塚俊介さんは「純愛ものなんで、悪い意味じゃなくて観ていて恥ずかしくならないような芝居を中心に考えて演じました。」と語っていた。

 最後に吉井怜さんは「タイトルの意味と言いますか、皆さんにとって“君が”っていうのは誰になるのかなとか、ラストシーンは本当の映画のラストシーンなのか、どこをラストシーンと受け止るか、私はそれがみなさんがどう感じるか楽しみで、いろんな味方ができる映画だと思うので楽しんでいただければ嬉しいです。」とアピールした。

 映画「君が愛したラストシーン」は4月12日(金)まで池袋シネマ・ロサにて公開中。4月11日(木)の上映後には吉井怜さんと朝倉えりかさんが登壇するトークショーも行われる。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連リンク

Love&Eros CINEMA COLLECTION "AUTUMN"

関連商品

LOVE MY LIFE ラブ マイ ライフ [DVD] / Array

/ DVD タキ・コーポレーション(2007-05-04)

定価:¥ 4,935

Languages