齊藤夢愛・浜田翔子・永作あいりら人気グラドルが舞台版「ビーナスファンタジスタ」でサッカー選手役に挑戦! | GirlsNews

齊藤夢愛・浜田翔子・永作あいりら人気グラドルが舞台版「ビーナスファンタジスタ」でサッカー選手役に挑戦!

女優
舞台版「ビーナスファンタジスタ」キャスト陣
舞台版「ビーナスファンタジスタ」キャスト陣
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」
  • 舞台版「ビーナスファンタジスタ」

 8月29日、舞台版「ビーナスファンタジスタ」の初日を迎え、齊藤夢愛らキャスト陣が初日の公演前に意気込みを語った。

 この舞台は、モバゲーの人気ソーシャルサッカーゲーム「ビーナスファンタジスタ」を舞台化。注目の若手女優・アイドルたちがサッカー選手となり、少女たちの心の葛藤を描いた作品。公演期間中にはゲーム内のイベントなど様々な連動キャンペーンも実施される。

 齊藤夢愛さんは「初めて主演という役をいただいて、すごい嬉しさもあるんですけどすごい不安もたくさんあって、でもこの役をいただいてとっても誇りに思っていて、この役を最後まで全力で演じ切ろうと決めてこのステージに立ちます。普段笑ったりすることが大好きなので、橘ルイは心を閉ざす役で難しいなと思ったんですけど、グッと感情を押し殺し役に挑んでいます。みんなでしかできない舞台なので、私たちのパワーで伝えたいなと思います。」

 浜田翔子さんは「今回、一番年下の役なんですけど、この中だと(年齢が)上の方なんですよ。ちょっとキャピキャピ感を出しつつ、ガッツな感じでがんばりましょうこしたいと思います。」

 永作あいりさんは「年下の子が多くて、初舞台の子が結構多かったんですけど、アイドル舞台と思われがちな舞台だと思うんですけど、そう思われないくらい皆のチームワークが一致団結した熱い稽古をやってきたのでこの公演を頑張りたいと思います。」

 真菜さんは「女の子だらけの舞台が初めてなのですっごい緊張して稽古場に入るだけでドキドキしてて、すごいみんなサポートしてくれて、ここまで元レディース総長の怖い役なんですけど、今日も怖くできてたよみたいな感じで言われて助けられました。みんなと一緒に本番も頑張っていきたいと思います。」

 佐藤さくらさんは「私自身がサッカー大好きで作品もすごい大好きでチームが一致団結することだとか、みんなが1つの夢に向かって頑張っていく彼女たちの一生懸命なところが最初から最後までたっぷり詰め込まれてます。千秋楽まで一生懸命駆け抜けたいと思います。」

 吉橋亜理砂さんは「この仕事を始めさせていただいてから2か月とちょっとしか経ってなくて、正直・・・、正直どうしたら良いか不安がいっぱいで、怒られるのも怖くてどうしたら良いか分かんなかったんですけど、今日までここまで来れて良かったなって思ってます・・・。精一杯できる限り頑張りたいと思います。」と号泣しながらコメント。

 山崎佑奈さんは「演技のお仕事自体初めてなんですけど、役的にも先輩を突き飛ばしたりするんですけど、もっと緊張しちゃって不安がいっぱいだったんですけど、態度が大きいので背は低いけど本番は態度を大きく頑張りたいと思います。」

 高橋明日香さんは「司令塔のエースの役なんですけど、しょっぱなで怪我をして松葉づえをついてるので、エースらしいところは無いんですが、感情のアップダウンが激しくて、そこが一番苦労したところでした。すっごい可愛い女の子たちがいっぱいいるのにも関わらず、掴み合いのケンカをしたり、水ぶっかけられたり殴られたりそういう激しい感じを、みんな惜しみなく出してるのでそこを注目して見ていただけたらなと思います。」

 涼本めぐみさんは「普段メガネをかけるのは黒板が見えない時だけなんですけど、この舞台では伊達メガネをしてメガネっこ役ということで、本当は頭の良い役の予定だったんですけど、だんだんそんなことも無くなって、今ではイキイキとやらせていただいてます。セリフに『学生の頃のあだ名は二宮金次郎です。』というところがあって、(ユニフォームのシャツを)インするかどうか迷ったんです。でも、インすると胸と股間が強調されるので今はインしてないんです。」とコメント。しかし、演出の小川信太郎氏より『1回インしてみたら』の言葉にシャツをイン。ちなみにあだ名が二宮金次郎ということで賢そうに見えるようにするため、シャツをインしているとのこと。

 上原真央さんは「私あんまり滑舌が良くなくて、元々台本に『新聞紙』というくだりは無かったのですが、『新聞紙』とか言うような役になりました。普段はウサギを持ってるキャラです。時々滑舌が悪くて聞き取れないこともあるかもしれないですけど、精一杯頑張ってしゃべるので応援よろしくお願いします。」

 軽辺るかさんは「女の子ばかりの舞台で、みんな優しくて楽しく団結してできてて、団結してるドリームズは良く表現できてると思います。千秋楽まで頑張ります。」

 松下恵里香さんは「今回は舞台は2回目なんですけど、すごく悩むことが多くてその度にアドバイスくれたり相談に乗ってくれたりすごく嬉しかったし、すごくキャストの皆さんが大好きです。このキャストの皆さんと千秋楽まで最高の舞台を作り上げていけたらなと思います。」

 市橋直歩さんは「私は愛犬家の自分のワンちゃんが大好きな女の子の役なんですが初舞台ですごく緊張していて、最初はどうやってやったら良いのかわからないところもたくさんあったんですけど、いろんな人にアドバイスももらって、まだまだ決して上手いお芝居はできないと思うんですが、自分の今の精一杯をぶつけて頑張っていきたいと思います。」

 黒澤葉月さんは「霊感が強い女の子の役で、正直そういうものをあんまり信じてないので、セリフを暗くひっそりしたように言うように気をつけました。この舞台のすごい良いところはみんなの気持ちがすごい1つになっていて一致団結している絆みたいなものがすごい魅力的だなと思ってるので、皆さんにそういうところをいただけたら嬉しいなと思います。」

 小坂真名美さんは「私は小さい頃に、スポーツ少年団みたいなものに入りたかったんですけど(女の子なので)入れなくてここまで生きてきて、今こうやって『ドリームズ』というプロサッカー選手の役で、サッカー選手としてこの夏生きてきてすごい楽しくて、また青春をやり直せた感じがします。このメンバーで最後まで怪我無く全員で千秋楽まで突っ走ってさらにその先まで行けたらいいなと思ってます。」

 星野美兎さんは「(桜小路めぐのキャラは)キャラが濃くて、私とは結構反対のタイプというか私は結構不器用であんまり自分の気持ちとか上手く伝えられないんですけど、めぐは自分の気持ちとか結構はっきりと伝える子だと思っていて自分に無いところを持っているので、すごくめぐが羨ましかったり、私はめぐという役をいただいてからめぐのことをもっと知ろうと気を付けて演じました。みんな本当に優しくて思いやりがあって一生懸命で本当に優しい人ばかりです。」

 斉藤むつみさんは「すごい運動オンチで、最初女子サッカー選手の舞台のお話をいただいた時に、ものすごいなでしこジャパンを思い浮かべて、私、すごい機敏に動かなきゃいけないんだと思ったんですけど、安藤みずなちゃんという女の子はちょっとのんびりおっとりとした感じでサッカーを初めてから、人並みの速さになったという女の子なのでちょっと安心しました。でもそれっぽく見えるように練習しました。ラムちゃん(真菜)の編みこみを私が挑戦しまして、試行錯誤しながら頑張ってるので、毎公演毎公演上達していくと思うのでここも見どころにして欲しいなと思います。」

 雨宮あんな「西村モカ役の雨宮あんなです。22歳です。今日はどうもありがとうございました。実は中に汗をかいてます。(舞台は)すごく楽しくきてます。」と小坂真名美さんが代弁。」

 石井晶子さんは「ハートと苺が大好きで、虫がすごく嫌いで泣き虫な女の子の役です。ハーフツインテールの上と靴に苺が付けてあるので、苺を探しに皆さん見に来てください。そして私たちのチームワークを見せつけたいと思います。」

 望月綾音さんは「舞台もお芝居もダンスも初めてでどうなっちゃうんだろうと思ってたんですけど、みんなすごい優しくて、いろいろ全然できないのに教えてくれてどんどん楽しくなって、今はすごいみんなで演じられて楽しいので、千秋楽自分がどんな気持ちになるんだろうと楽しみです。」

 小玉ゆりさんは「私の役は、一番年下で1人だけ高校生という役なんですけど、見ていただいてわかる通り(実際の年齢は)一番年下ではありません。頑張って舞台みんなですごい良い感じで盛り上がっているのでよろしくお願いします。」

 監督役は日替わりゲストが担当。29日にゲスト出演した梅本静香さんは「稽古に途中から参加させていただいたんですけど、本番が近づくに連れてどんどんみんなの気持ちが一致団結してきて、本当に良い舞台になっていくのが途中からでもわかって、みんなのセリフの一言一言が本当に気持ちが入ってて、本当に心に伝わってくる素敵な舞台になってるので、1日しか参加できないのが本当に残念です。監督も人によって全然違う監督になってるので、そこは何回見ても楽しんでいただけると思います。夏の終わりに相応しい青春で熱くて感動する舞台になってるので是非是非たくさんの人に見てもらいたいです。」

 同じく監督役で30日にゲスト出演した時乃真央さんは「みんな楽屋裏でも部室みたいにすごい仲良くてワイワイしてて、私は監督役なのでちょっと見守る感じで見てました。良いところも悪いところもキャスト同士が言い合えるような仲だったので、すごく素敵な舞台に仕上がっていると思います。」とコメント。時乃真央さんはガールズダンスユニット VIC:CESSとしても活動しており、この舞台の主題歌も担当。9月1日の公演では終演後にスペシャルライブが行われる。

 尚、日替わりゲストとして31日は元SDN48の大山愛未が出演され、1日・2日はアイドリング!!!の倉田瑠夏さんが監督役で出演する。

 そして、上田郁代さんは「ほぼ母親的な存在で見守りながら、(舞台稽古中は)とても学ぶことの多い期間でした。オリンピックも終わって、なでしこジャパンがすごい頑張ってくれて、すっごく良い時期にサッカーの舞台ができるということで、ラッキーかなということを想いつつも、みんなの涙は普段感じてるものなどが積み重なって生まれる感情が少なからずでてるんじゃないかなと感じながら演じました。途中の私の濡れ場のシーンは本番も続けて濡れていきたいと思います。」
 
 演出の小川信太郎氏は「今回はテーマとして、女子を女子と思わない演出をしてみようと思いまして、 結構スパルタで厳しくやらせていただいて、稽古場から悔しい悲しい喜怒哀楽がすごく大きく変化して行ったので、それが良い意味で板に上がって、化学反応が起きて素敵な舞台になったんじゃないかなと思います。」

と、それぞれ意気込みや見どころを語っていた。

 舞台版「ビーナスファンタジスタ」は、9月2日(日)まで赤坂レッドシアターにて開催中!

 
 

舞台版「ビーナスファンタジスタ」

開催日程:
2012年8月29日(水)~9月2日(日)

 
公演日程:

8月29日(水) 19:00~
8月30日(木) 19:00~
8月31日(金) 15:00~ 19:00~
9月 1日(土) 15:00~ 19:00~
9月 2日(日) 13:00~ 17:00~
※受付開始は1時間前。
※開場は公演時間の30分前。

 
キャスト:

齊藤夢愛(persolate)
浜田翔子
真菜(VIC:CESS)
佐藤さくら(ミスマガジン2008)
永作あいり
吉橋亜理砂(IDOL Street)
山崎佑奈
高橋明日香
涼本めぐみ(KNU)
上原真央(choice?)
軽辺るか(CLEAR’S)
松下恵里香(怪傑トロピカル丸)
市橋直歩
黒澤葉月(ロマンスターズ)
小坂真名美
星野美兎(Splash!)
斉藤むつみ
雨宮あんな
石井晶子(青春女子学園)
望月綾音
小玉ゆり
上田郁代(劇団BOOGIE☆WOOGIE)

 
日替わりゲスト:

8月29日(水) 梅本静香(ミスマガジン2008)
8月30日(木) 時乃真央(VIC:CESS)
8月31日(金) 大山愛未(ex.SDN48)
9月1日(土) 倉田瑠夏(アイドリング!!!)
9月2日(日) 倉田瑠夏(アイドリング!!!)

※9月1日(土)は公演終了後 VIC:CESSによる主題歌ライブ有り

 
そのほか公演の詳細は公式サイト http://amajor6.net/stagefantasista/ でご確認ください。

関連リンク

舞台版「ビーナスファンタジスタ」公式サイト

関連商品

齊藤夢愛/愛夢 [DVD] / 齊藤夢愛

/ DVD イーネット・フロンティア(2010-05-21)

定価:¥ 3,990

佐藤さくら さくら色した… [DVD] / 佐藤さくら

/ DVD エスデジタル(2013-01-25)

定価:¥ 4,104