うえむらちか 待望の2作目の小説「灯籠」が6月8日に発売決定! | GirlsNews

うえむらちか 待望の2作目の小説「灯籠」が6月8日に発売決定!

女優
うえむらちか (C) スペースクラフト・エンタテインメント
うえむらちか (C) スペースクラフト・エンタテインメント
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

 5月14日、タレントのうえむらちかさんが2作目の小説「灯籠」(ハヤカワ文庫JA)を6月8日に発売することがわかった。

 うえむらちかさんはタレント活動の傍ら、2010年4月には処女小説「ヤヌス」(講談社Birth)を刊行し作家デビュー。大のカープファンとしても知られている。

 本作は、孤独な少女と青年との心の交流が美しく描かれ、ノスタルジックな感情を想起させる作品。主人公を襲うある事件とそれにまつわる意外な真相など、ミステリ的興趣(きょうしゅ)も併せ持つ。

 うえむらちかさんは本を出版するにあたり「(小説は)二作目になりました。一作目は何も分かっていない状態での出版だったので、今作は、本を作るってもの凄いエネルギーの要ることなんだなぁ、と噛みしめながらここまできました。」と今の気持ちをコメント。

 どのような思いで書かれた、うえむらちかさんは「地元広島の盆灯籠をモチーフにお話を書きました。このお話を思いついたのは今から八年前です。長い間温めてきた話でもあるので、一文一文を大切に、読んでくれている人の頭に映像が浮かぶようにと描きました。」と、書き上げた感想をコメント。

 ファンの皆様へのメッセージとして「小さい頃からお話を作ることが夢だったので、このような機会を与えていただき、本当に嬉しく思っています。少しでも興味を持って頂き、たくさんの方がこの本に出会えること楽しみにしています。」とアピールした。

 うえむらちか 小説「灯籠」は6月8日にハヤカワ文庫JAより発売!

 

小説「灯籠」

定価:651円(税込) 発売元:ハヤカワ文庫JA
著者:うえむらちか

<あらすじ>

広島に過ごす孤独な少女・灯(ともり)は、盆灯籠が似合う夏の日に、正造と名乗る青年と出会う。正造は、灯の心のなかに、いつの間にか消えないあかりを灯していた。少しずつ灯は、正造に心を開きはじめる。しかし、正造は、お盆の時期にしか会うことができないのだという。そんな正造との逢瀬が、いつしか灯の生きる糧となっていったが……。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連リンク

うえむらちかオフィシャルブログ

関連商品

Languages