有村架純、「人の愛情の深さを感じ取っていただけたら」主演映画『夏美のホタル』公開 | GirlsNews

有村架純、「人の愛情の深さを感じ取っていただけたら」主演映画『夏美のホタル』公開

『夏美のホタル』公開初日舞台挨拶より
『夏美のホタル』公開初日舞台挨拶より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

有村架純主演映画『夏美のホタル』の公開初日舞台挨拶が11日、東京・新宿シネマカリテにて行われ、有村さん、夏美の恋人・慎吾役の工藤阿須加さんら主要キャストが登壇した。有村さんは「親が子供をどう思っているのかを再確認できる映画です」とコメントした。

原作は森沢明夫作の同名小説。大学生活最後の夏。将来の夢と進むべき道に思い悩む主人公・夏美が導かれるように向かったのは、父と過ごした思い出の場所。そこで出会った人たちとの交わりから、それぞれの人生が動き出し、心が解きほぐされていく…。昨年公開の映画『ストロボ・エッジ』以来、有村と廣木隆一監督がタッグを組む作品としても注目されている。

上映終了後、盛大な拍手の中、「朝から優しい気持ちになれましたか?人と人との繋がりを描いているので、今日一日を穏やかに過ごしていただけたら嬉しいです」と挨拶した有村さん。

本作で思い出に残っているシーンについて「慎吾と部屋で二人きりのシーン。恋人同士でお付き合いも長い設定ですが、落ち着き過ぎても良くない、慣れすぎてもよくないという距離感や関係性は難しかったです。慎吾とは、枝豆を食べているシーンがファーストシーンでしたが、リハーサルを何回もしてすごく印象に残っているシーンです」と振り返った。

ヤスエ役の吉行和子さんは撮影エピソードとして、「(有村さん演じる)夏美ちゃんが目の前でぱくぱくとスイカを食べるのが可愛くて、お芝居とは思えない嬉しい時を過ごしました」と明かした。

本作の「出会ってくれてありがとう。思いを繋ぐ物語。」という、親から子、子から親、友達同士など、出会いから思いが生まれるキャッチコピーにちなみ、共演の光石研さん、吉行さん、原作者・森沢明夫さん、そして廣木隆一監督から、若手の有村さんと工藤さんにメッセージが送られた。

吉行さんからは「二人とも素敵で以前からファンで、すごく自然でいいですね。これからどんどん冒険して、たくましくなっていって欲しいと思います。」とエールが贈られた。有村さんは「直接言葉をいただく機会がないので嬉しいです」と、感謝を表した

最後に有村さんは、「親が子供をどう思っているのかを再確認できる映画です。私はいま、親とは離れて暮らしていますが、より深く親を愛していきたいなと思えましたし、親の立場の方もこの作品を見ると子供を愛したいと思うのではないかと思います。家族の繋がりや、人の愛情の深さをみなさんに感じ取っていただけたらと嬉しいです。それぞれの目線で感じることが違うと思うので、個々で大切にしていただきたいです」とメッセージを伝えて、穏やかに舞台挨拶は幕を閉じた。

映画『夏美のホタル』は全国公開中。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

有村架純の動画を観る

関連商品

【早期購入特典あり】夏美のホタル [DVD] / Array

/ DVD KADOKAWA / 角川書店(2017-02-03)

定価:¥ 4,104

Languages