入来茉里、初の舞台アクションに奮闘 舞台『曇天に笑う』上演中 | GirlsNews

入来茉里、初の舞台アクションに奮闘 舞台『曇天に笑う』上演中

舞台『曇天に笑う』ゲネプロより
舞台『曇天に笑う』ゲネプロより
  • 舞台『曇天に笑う』ゲネプロより
  • 舞台『曇天に笑う』ゲネプロより
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

女優の入来茉里さんが、27日から東京・銀河劇場で上演中の舞台『曇天に笑う』に出演中。開幕前日の26日には公開ゲネプロに参加。そして終了後にインタビューに答え、初の舞台でのアクションや本作にあたって心掛けていることなどについて語った。

原作は唐々煙氏による同名コミックで、テレビアニメ化もされている。昨年舞台化され、今回はその再演となる。時代は明治。町に災いをもたらす大蛇をめぐるサスペンスを主軸に、兄弟愛、人間愛を描く、涙と笑いの大活劇。本作で、右大臣直属部隊“犲(やまいぬ)”で唯一の女性隊員・佐々木妃子(きーこ)役を演じるのが入来さんだ。

妃子は剣や回転式拳銃の使い手ということで、アクションシーンが大きな見どころの一つ。「舞台でアクションをするのは今回がほぼ初めてですね。これまで踊ったり、アクロバットをしたりというのはありましたが…。今回、日本刀と拳銃も扱っているのですが難しいです。特殊なアクションなので、時間があれば常に鏡を観て確認しています」と奮闘中だ。

スケールが大きく見応えのある長編作。「ファンタジーなんですけど、ファンタジーになりすぎないように心掛けているところです」とのこと。そして「みんな身体を張っていて、アクション以外のところでもどうにか人間味を出そうと心掛けています。アニメ原作のものではすごく大きな壁があってそれを越えられるようにと…」。

ゲネプロの直後には、「それまでの稽古では全然目線を合わせていなかったキャストさんと目が合ってアイコンタクトしたりだとか、ゲネプロの段階でまた少しみんなの芝居が変わってきました」と感想を語った入来さん。「キャラクターとキャラクターの関係性が深まっていくのが、千秋楽に向けての楽しみなところですね」と微笑む。

妃子は劇中ほぼ笑わない役柄。だが舞台を降りると、笑いがいっぱいの楽しい現場だという。「今回同年代の方が多くて、みんな仲良くやってます」とのこと。周りはほぼ男性キャストだが、“お姫様扱い”ではなく自分も男性キャストの一人のような扱いだという。そんな状況も楽しんでいるようだ。

舞台『曇天に笑う』は6月5日(日)まで銀河劇場で上演中。また6月10日(金)、11日(土)には大阪・梅田芸術劇場シアター・ドラマシティで上演される。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連商品

入来茉里 まっすぐ [DVD] / 入来茉里

/ DVD 彩文館出版(2008-12-20)

定価:¥ 4,104

Languages