二階堂ふみ、ロケで初めて訪れた神戸がお気に入りに「昔と今の街並みが混ざってて素敵」 | GirlsNews

二階堂ふみ、ロケで初めて訪れた神戸がお気に入りに「昔と今の街並みが混ざってて素敵」

ニュース, 女優 ,
映画『オオカミ少女と黒王子』大阪舞台挨拶より。
映画『オオカミ少女と黒王子』大阪舞台挨拶より。
  • 映画『オオカミ少女と黒王子』大阪舞台挨拶より。
  • 映画『オオカミ少女と黒王子』大阪舞台挨拶より。
  • 映画『オオカミ少女と黒王子』大阪舞台挨拶より。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

二階堂ふみ・山﨑賢人W主演映画『オオカミ少女と黒王子』(5月28日公開)の大阪での舞台挨拶イベントが14日、市内で開催。ヒロイン・エリカを演じた二階堂さんと、ドS王子・恭也を演じた山﨑さんが登壇。役作りや撮影でのエピソードに加え、関西ロケでのお気に入り撮影スポットなどを明かした。

本作で、恋に悩むごく普通の女子高生という、これまでにない役を演じた二階堂さん。「自分の中ですごく挑戦的な役でもありました。憧れの存在でもある山﨑くんからたくさんのことが学べるかなと思いましたし、実際に多くのことを学ばせていただきました」と撮影を振り返った。

一方、これまでは爽やかなイケメン役が多かった山﨑さん。本作ではエリカを犬扱いするドSな濃いキャラを演じているが「少女漫画原作ものを何作かやらせていただいていたのですが、今回の役は今まで見せたことがないような役だったので、新しい面を見ていただけるのではと思います」と、コメント。

役作りのために自身の髪を金髪に染めた際、「初めてのブリーチだったのではげるかと思いました。頭皮がすごく痛かったですが、無事に恭也になれてよかったです」と話し、笑いを誘った。

また、今回6年ぶりとなった共演について二階堂さんは、「山﨑さんは6年前と本当変わらないんですよね。そこが素敵なところだと思います」と語る。そして「恭也と山﨑さんは全然違うのですが、すごく真摯に役に向き合っていて現場でも頑張っていらしたので、すごくかっこいいキャラクターに仕上がっていると思います。終盤に山﨑くんが爆走しているシーンを、知り合いの男性ライターさんなどが男でも惚れるシーンだったと言っていて、素敵なシーンだと思います」とその芝居を絶賛した。

また神戸でのロケでは、南京町や異人館街など、デートにピッタリな神戸のスポットで撮影だったが、二階堂さんは「今回の撮影で初めて来させていただきました。昔ながらの街並みと今の街並みが混ざってて素敵でした」、そして山崎さんは「1週間くらい神戸にいて、南京町などで撮影しました。良い感じに神戸の街が映っているので、楽しんでいただきたいです」とそれぞれ神戸の印象を語った。

 

『別冊マーガレット』(集英社)で連載されている、八田鮎子原作、既刊14巻、累計発行部数460万部突破の人気少女コミックを映画化した本作。嘘つき少女とドS王子の“ドキドキ ラブコメ”だ。メガホンをとったのは、『ストロボ・エッジ』『娚の一生』『余命1カ月の花嫁』で知られるヒットメーカーの廣木隆一監督、そして鈴木伸之、門脇麦、横浜流星、池田エライザ、玉城ティナ、吉沢亮、菜々緒と今最注目のフレッシュなキャストが集結している。

街で見かけたイケメンを盗撮し、女友達に彼氏だとウソをついたエリカ(二階堂)だが、その彼は同じ学校の佐田恭也(山﨑)。事情を打ち明けると、「彼氏のフリをしてあげるよ」と優しすぎる言葉を投げかけてくれた恭也。理想の王様!?と思った喜びもつかの間、「3回まわってお手からワン!だな」と突然ドS王子に豹変!!彼氏のフリをする条件としてエリカに突きつけられたのは、”絶対服従”という前代未聞の条件が…。

映画『オオカミ少女と黒王子』は5月28日全国公開。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連商品

この国の空 [Blu-ray] / Array

/ Blu-ray よしもとアール・アンド・シー(2016-01-20)

定価:¥ 5,076

Languages