山本舞香初主演映画が公開 監督からのサプライズに大粒の涙「今、たぶん世界で一番幸せ」 | GirlsNews

山本舞香初主演映画が公開 監督からのサプライズに大粒の涙「今、たぶん世界で一番幸せ」

映画『桜ノ雨』初日舞台挨拶より
映画『桜ノ雨』初日舞台挨拶より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加
映画『桜ノ雨』が5日、公開初日を迎え、主演の山本舞香さん、浅香航大さん、広田亮平さん、久松郁実さん、ウエダアツシ監督が登壇し初日舞台挨拶を行った。「わたしの初主演映画ということで、もう本当に…胸がいっぱいというか、本当に嬉しいです」と喜びを表した山本さん。イベント中、ウエダ監督からのサプライズもあり、山本さんは大粒の涙をこぼした。
ミリオンヒットとなったボーカロイド楽曲で、卒業ソングの定番となった『桜ノ雨』の世界観を元にした青春グラフティの本作。海辺の町の高校合唱部を舞台に、内気な少女が部活、進路、淡い恋愛に葛藤しながら前進していく。
山本さんは「初主演ということでプレッシャーがすごくあったんですが、撮影に入るまえのリハーサルでみんなと仲良くなったので、とてもお芝居しやすい現場でした。一緒にいる時間は短いんですけど一緒に合唱を歌うっていうのが、とてもいい思い出になりました」と撮影を振り返った。また瑠華役を演じた久松さんは「合唱のシーンでは、瑠華は涙を流すのか、いろいろ考えていたんですけど、いざあの場所に立つと自然と涙が流れていましたね」と思い出を語った。
イベントでは、映画初主演のプレッシャーの中、この日を迎えるまで本作を引っ張った座長・山本舞香さんへ、ウエダアツシ監督から門出を祝す手紙の朗読と卒業証書の授与のサプライズ。「中学校も仕事で友達と一緒に卒業式を迎えられなかった」と語っていた山本さんは驚きの表情を見せた。
 監督から「今日は映画『桜ノ雨』の門出の日でもあり、主演女優・山本舞香の門出の日でもあります。この映画『桜ノ雨』は山本舞香の映画です。僕はそう思って作りました。そして、ほかのスタッフ・キャストもあなたのためにできる努力を惜しまなかったはずです。それはあなたに女優としてだけでなく人としての魅力があるからです。その負けん気の強さ、謙虚さ、感性を生かしてあなたらしい女優の道を歩んでください」との言葉が送られると、山本は大粒の涙。涙をぬぐいながら「今、たぶん世界で一番幸せだと思います」と語った。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連商品

桜ノ雨 [DVD] / Array

/ DVD KADOKAWA / 角川書店(2016-09-09)

定価:¥ 4,104

久松郁実 それいく! in ニューカレドニア [Blu-ray] / 久松郁実

/ Blu-ray Happinet(2017-02-18)

定価:¥ 5,184

Languages