橋本環奈、両親からの手紙に瞳をうるませる 「本当にありがたいなって思います」 | GirlsNews

橋本環奈、両親からの手紙に瞳をうるませる 「本当にありがたいなって思います」

「セーラー服と機関銃 -卒業-」初日舞台あいさつより
「セーラー服と機関銃 -卒業-」初日舞台あいさつより
  • 「セーラー服と機関銃 -卒業-」初日舞台あいさつより
  • 橋本環奈
  • 橋本環奈
  • 橋本環奈
  • 橋本環奈
  • 橋本環奈
  • 橋本環奈
  • 橋本環奈
  • 大野拓朗
  • 「セーラー服と機関銃 -卒業-」初日舞台あいさつより
  • 武田鉄矢
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

橋本環奈が主演する映画『セーラー服と機関銃 -卒業-』が5日、公開初日を迎え、角川シネマ新宿で行わた舞台挨拶に、共演者の長谷川博己、大野拓朗、宇野祥平、武田鉄矢、そして、監督の前田弘二と共に登壇した。

映画が公開されて作品から”卒業”することになる出演者に「映画を通して“卒業”できたことは?」と、司会が質問を投げかけると、橋本さんは「しょうもない話でもいいですか?」と前置きしつつ「早起きができるようになりました」と答え「朝が苦手で、目覚まし時計やケータイのアラームをいっぱいかけていたんですが、映画の撮影をしていた1ヶ月間は一回も寝坊しなかったんですよ」と明かした。

大野さんは「プライベートで“卒業”したことは?」と聞かれ「僕、面白くない男なんですね。それを卒業するには体を張ってみなさんを笑顔にするしかないと思って、飲み会でとにかく明るい安村さんや江頭2:50さんのモノマネをして努力しております」と話すと、橋本さんがすかさず「見たいです!」とリクエストした。大野さんはムチャぶりにためらいながらも江頭2:50のモノマネで「おーい!!お前ら! 今日は観てくれてありがとう!」と声を張って会場を沸かせ、橋本さんも「面白いです」とお腹を抱えた。

続いて、武田鉄矢さんは橋本さんへの“贈る言葉”を司会から求められ、同じ福岡出身の同郷の先輩として「橋本環奈さんは撮影が終わるとすぐに里に帰ってしまうのが悔しいと思う。我々の頃とは距離感がぜんぜん違いますけど、九州出身の先輩たちが味わった、故郷を離れて寂しさの中から自分のクリエイティブを刺激していった足跡を環奈さんにも味わって欲しい。この映画でアイドルから女優への一歩を踏み出したわけだから、博多を旅立って東京で暮らす決心をいずれしないと、一人前にはなれないと思う」とアドバイスをした。

イベントの終盤では、ご両親からの手紙というサプライスに橋本さんはビックリ。司会が読み上げる手紙に橋本さんは、目に涙を溜めながらも唇を固く結んでこらえながら聞き入っていた。「この仕事を始めたいと私が言ったとき、なんの反対もせず応援してくれたのが両親でした。この映画のこともすごく喜んでくれて、本当にありがたいなって思います」と橋本さんは胸いっぱいの様子だった。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連リンク

映画「セーラー服と機関銃 -卒業-」公式サイト

関連商品

Little Star ~KANNA15~ [Blu-ray] / 橋本環奈

/ Blu-ray YM3D(2015-02-03)

定価:¥ 4,104

Languages