i☆Risの茜屋日海夏が初舞台で初主演「体を使った演技はすごく新鮮」 | GirlsNews

i☆Risの茜屋日海夏が初舞台で初主演「体を使った演技はすごく新鮮」

舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • 舞台「クォンタム・ドールズ」記者発表会より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

12月26日、ガールズ演劇プロジェクト・アリスインプロジェクト2016年の新春公演『クォンタムドールズ~量子境界の散歩者~』の記者発表会が新宿村スタジオで行われ、i☆Risのメンバーで声優としても活躍する茜屋日海夏と澁谷梓希、Berryz工房(無期限活動休止中)の須藤茉麻、元SKE48の加藤智子や今出舞など、総勢37名の出演者うち33名の女優陣が登場した。

本作は「あらゆる武器が少女精霊として転生し激しく激突する、武器転生アクション!」で、演出家に「魔銃ドナー」や「新・戦国降臨ガール」でお馴染みのまつだ壱岱氏を迎え、剣殺陣とガンアクション満載のステージが繰り広げられる。

主演の茜屋日海夏さんは今回の作品について「物語の軸に戦争というものがあって、クォンタムドールズの世界では、陰で行われている戦いのおかげで平和が保たれている」と世界観を説明し、「主人公のアカリは普通の学生として過ごしながら、世界を守る戦士として戦っていて、その狭間で迷いながら、周りの人たちとの出会いや関わりの中で自分の選択をしていくという物語です。」と役柄を交えて説明した。

声優としては演技経験のある茜屋日海夏さんだが、舞台出演は初めて。「体を使った演技はすごく新鮮。今回は殺陣もあって初めてだらけのことで、最初はシドロモドロだった。でも、周りのキャストの方が役に入り込んでいるので、私も入り込みやすかった。周囲が暖かく支えてくれて稽古も楽しいので、新年一発目は素晴らしい作品をお届け出来ると思う。」と初舞台を楽しみにしていた。

茜屋さんと対となる役柄の澁谷梓希さんは「本番が近づくに連れてみんなの心が一つになって、より良い作品にしていこうという気持ちをひしひしと感じている。一人ひとりが頑張っているから自分も頑張らなきゃと思うので、ひとり1%づつでもみんなで120%になれる気がしています。」とアピールした。

チェンソーを振り回す役柄だという今出舞さんは「悪役に徹したい!」と本作に意気込んだ。今年は企画演劇集団ボクラ団義の公演など多くの舞台に出演したが「いろんな役柄を演じて、たくさんの出会いがあった自分の人生の中でも大きな一年だったと思う。ボクラ団義の公演では、ストーリーテラーの役どころで膨大なセリフを乗り越えて自信に繋がったと思う。」と振り返った。

加藤智子さんは今年の活動を振り返りつつ「バラエティやグラビアなどのお仕事に挑戦してお芝居にも6本に出させていただきました。いろいろやってみて、私はお芝居が好きなんだって判ったステップアップのための一年だったと思う。来年はお芝居に絞って突き詰めて行きたい。今年はいい人ばかりやってきたので、悪役も出来るように一皮むけていきたい。」と抱負を語った。

作品の世界観について説明を求められたまつだ壱岱氏は「設定が複雑で、それを紐解く作業を稽古場で繰り返し続けてきました。いかに解りやすく創りあげるか、ようやく昨日で解読が終わった感じです。少女たちが武器になって代理戦争を繰り広げているお話で、”降臨”じゃなくて”エンゲージ”して戦います。とにかくカタカナがすごく多い脚本です。」と語った。

< ものがたり >

世界を守る戦士たちフレイア。世界を破滅に導こうとするアーデルハイド。二つの力は世界の命運を決める「失われた九つの柱」を奪い合う。フレイアの新人戦士・アカリ(安良木明里)は九つの柱のひとつランドグリーズと出会い、彼女を守ることを決意する。果たして彼女たちは世界を破滅から守ることができるのか?

アリスインプロジェクト2016年新春公演「クォンタム・ドールズ ~量子境界の遊歩者~」は、1月6 日より11 日まで計10公演が新宿村LIVEで上演される。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

の動画を観る

    関連リンク

    アリスインプロジェクト

    関連商品

    Languages