吉本実憂の”言葉攻め”に葵わかな恐怖? 映画「罪の余白」が初日! | GirlsNews

吉本実憂の”言葉攻め”に葵わかな恐怖? 映画「罪の余白」が初日!

映画「罪の余白」初日舞台挨拶より
映画「罪の余白」初日舞台挨拶より
  • 映画「罪の余白」初日舞台挨拶より
  • 映画「罪の余白」初日舞台挨拶より
  • 映画「罪の余白」初日舞台挨拶より
  • 映画「罪の余白」初日舞台挨拶より
  • 映画「罪の余白」初日舞台挨拶より
  • 映画「罪の余白」初日舞台挨拶より
  • 映画「罪の余白」初日舞台挨拶より
  • 映画「罪の余白」初日舞台挨拶より
  • 映画「罪の余白」初日舞台挨拶より
  • 映画「罪の余白」初日舞台挨拶より
  • 映画「罪の余白」初日舞台挨拶より
  • 映画「罪の余白」初日舞台挨拶より
  • 映画「罪の余白」初日舞台挨拶より
  • 映画「罪の余白」初日舞台挨拶より
  • 映画「罪の余白」初日舞台挨拶より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

10月3日、映画「罪の余白」初日舞台挨拶がTOHOシネマズ新宿で行われ、ヒロインの吉本実憂さんらが登壇した。

本作は内野聖陽さん演じる娘を亡くした父親の前に、吉本実憂さん演じるクラスメートが登場して心理戦を仕掛けるという、本格的なサスペンスエンタテイメント。今回は主演・ヒロインの二人に加えて、谷村美月さん、葵わかなさん、主題歌を歌う金魚わかなさんが舞台挨拶に登場した。

今回、教師や生徒・警察の心を操る”悪魔のような女”を演じた吉本実憂さんは、「この役を演じるって決まったときは闇のあるというか、こういう影のある役をやってみたいというのが目標の一つだったのですごく嬉しかったですし、実際この役と向き合おうと思うとすごく難しい部分がたくさんあったんですけど、いろんな方の力を貸してもらいながらしっかり役と向き合うことができたのかなと思います」と、難しい役どころを演じきった自信と手ごたえを語った。

また、アスペルガー症候群を抱える教師という同じく難易度の高い役柄を演じた谷村美月さんは「難しい役どころではあったんですけど、それに加えて教師ということで…撮影はいるまでに1か月くらい準備があったので、迷いもなく飄々とやっていました」と意外に撮影がスムーズだったことを明かした。

吉本実憂さんのクラスメイト役を演じた葵わかなさんは「役としては初めてなにか(劇中の設定では、キリスト教系の学校で信仰心の強い生徒を演じている)を信仰しているというものだったので、そういう役をやる時は真ん中にあるものが他の人と違うので、そういうところを意識していくっていう意味ではちょっと今までとは違うかなというのもあったんですが、その準備期間では(吉本)実憂ちゃんと一緒にお芝居をさせていただいて、すごい恐怖心をあおられながらやっていくお芝居ということで、追い詰められるというのも今までそんなになかったかなと思っていて。本当に怖かったんですけど、とても楽しかったのでそういうところも見ていただけたらな」と、撮影の難しさを振り返っていた。

言葉を使った心理戦を描いた映画ということで、吉本実憂さんは「最初は本当に(役の)木場咲じゃなくて吉本実憂の感情が入りすぎていたのか、カットかかった後にもやっとした気持ちになったんですけど、そのうち傷つくエクササイズをしていって、『こういう風にしたらもっと傷つくんだ』とかわかってきて、途中からは楽しくなっていました(笑)」と悪女を演じる喜びを感じたという。

葵わかなさんは「台本の台詞は大丈夫なんですけど、撮影の途中に監督が(吉本)実憂ちゃんに耳打ちをして、その日キツネの服を着てたら『なんだそのキツネ』みたいに言われたりとか…台本の台詞にないことを前に言ってからお芝居に入ったりとかいうのをしていたので、そういう時は『おお』って思って。監督からは実憂ちゃんを怖がれって言われていて、普段は喋らないでくださいってお願いしたりしていたんですけど」と本気で吉本実憂さんを怖がっていたそう。こうした熱演の評価に、「すべては感情なんだな」(吉本実憂)と女優としての新たな境地を切り開いた手ごたえを感じていた。

現場では、作品への影響からあえてコミュニケーションを取らなかったという内野聖陽さんと吉本実憂さん。プロモーションなどで再び顔を合わせる今、吉本実憂さんは「撮影中はお話していなくて、キャストの方とは現場ではお話ししたいタイプだったりするので、内野さんといろんなことをお話ししたいなと思ってはいたんですけど、撮影中は(話さなかったことが)良かったんだと作品を見て思いました。今こうしてまた会って、内野さんって笑顔が出るんだって…(笑)」とコメント。一方の内野聖陽さんも吉本実憂さんの女性としての可愛さを今あらためて感じているとコメントし、撮影が終了してから本当の素顔を知れたことに二人とも喜んでいる様子だった。

映画「罪の余白」は、TOHOシネマズ新宿他、大ヒット上演中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連リンク

映画「罪の余白」オフィシャルサイト

関連商品