ハンドル!ペダル!サドル!アイドル! 自転車で駆け抜ける青春映画「私たちのハァハァ」 | GirlsNews

ハンドル!ペダル!サドル!アイドル! 自転車で駆け抜ける青春映画「私たちのハァハァ」

映画「私たちのハァハァ」初日舞台挨拶より
映画「私たちのハァハァ」初日舞台挨拶より
  • 映画「私たちのハァハァ」初日舞台挨拶より
  • 映画「私たちのハァハァ」初日舞台挨拶より
  • 映画「私たちのハァハァ」初日舞台挨拶より
  • 映画「私たちのハァハァ」初日舞台挨拶より
  • 映画「私たちのハァハァ」初日舞台挨拶より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

9月12日、映画『私たちのハァハァ』の初日舞台挨拶がテアトル新宿で行われ、主演の井上苑子、大関れいか、真山朔、三浦透子、共演者の池松壮亮、中村映里子、そして松居大悟監督が登壇した。

本作は、福岡の片田舎に住む女子高生4人組が、東京で行われるバンドのライブを目指し、福岡-東京の1000キロを自転車で駆け抜ける青春ロードムービー。『ワンダフルワールドエンド』の松居大悟監督がメガホンを取り、主演には、撮影当時に現役女子高生だったフレッシュな4人が起用された。

6秒動画Vineで日本一有名な18歳として知られる大関れいか、メジャーデビューを果たしたシンガーソングライターの井上苑子、『男子高校生の日常』『鈴木先生』の三浦透子、ミスiD2014ファイナリストの真山朔。そして、日本映画界を担う若手実力派俳優・池松壮亮をはじめ、中村映里子、武田杏香などが脇を固め、リアルで疾走感の溢れる青春映画となっている。

ゆうばり国際ファンタスティック映画祭2015でも好評を博し、スカパー!映画チャンネル賞とゆうばりファンタランド大賞(観客賞)の二冠を獲得した本作が、満を期しての劇場公開となった。

一年経った撮影を振り返って、井上苑子さんは「撮影中はみんな和気あいあいしてたので、変な緊張感がなかった。こうしてスクリーンで観ると“ちゃんと映画なんやなぁ”と思って嬉しい。」

大関れいかさんは「最初は演じてる自分が恥ずかしかったけど、やってるうちに楽しくなりました。スタッフさんたちの気遣いのおかげで楽しく撮影出来て、こんなにいい映画になったと思います。」

真山朔さんは「演技を1度もしたことがない素人だったので、オーディションで決まって不安だった。1度しかない18歳の夏をこんなに素敵に切り取ってもらって、とても大切な作品になりました。」

三浦透子さんは「短い期間でものすごく濃い時間を体験できた。4人で普段過ごしている空気感のまま映画を作ったので、思い入れが強い。みなさんに見せられない間も、一人で秘密をかかえているようにモヤモヤしてたので、やっと初日を迎えられて嬉しい。」と、それぞれ振り返った。

中村映里子さんは本作の感想を尋ねられると「“松居さん、またいい映画つくっちゃった”と思った。本当にいい映画だと思う。何かに夢中になれることがあるってすごくいいなと思うし、いくつになってもみなぎってくる想いがあるのはいいですね。」と褒めた。

しかし、松居大悟監督は中村映里子さんが4人を責めるシーンを一度は削ったいい、「夕張映画祭にかけたときに4人の気持ちに感情移入しすぎて“なんで、こんな怒られなきゃいけないんだろう”って辛くなって切りました。切った時はスッキリしたと思ったんですが、でも、すぐみんなに言われて戻しました。」と明かした。

最後に監督は「自分の好き勝手にやりましたが、みんなで作った作品なので、みなさんのハァハァにしたい。公開されて作品が僕から離れていくという寂しい気持ちもありますが、たくさんの人に観て欲しいです。」とアピールした。

(C)2015「私たちのハァハァ」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連リンク

映画『私たちのハァハァ』オフィシャルサイト

関連商品

私たちのハァハァ [DVD] / Array

/ DVD ポリドール映像販売会社(2016-06-29)

定価:¥ 6,264

私たちのハァハァ [DVD] / Array

/ DVD ポリドール映像販売会社(2016-06-29)

定価:¥ 6,264

私たちのハァハァ [DVD] / Array

/ DVD ポリドール映像販売会社(2016-06-29)

定価:¥ 6,264

Languages