映画「at Home」が初日! 黒島結菜は自然体の演技で親子関係築く | GirlsNews

映画「at Home」が初日! 黒島結菜は自然体の演技で親子関係築く

映画「at Home アットホーム」初日舞台挨拶より
映画「at Home アットホーム」初日舞台挨拶より
  • 映画「at Home アットホーム」初日舞台挨拶より
  • 映画「at Home アットホーム」初日舞台挨拶より
  • 映画「at Home アットホーム」初日舞台挨拶より
  • 映画「at Home アットホーム」初日舞台挨拶より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

8月22日、映画「at Home アットホーム」初日舞台挨拶が新宿・バルト9で行われ、主演の竹之内豊さんや黒島結菜さんらが登壇した。

映画「at Home」は、一見幸せそうな家族が実は犯罪で生計を立てている『偽装家族』というストーリー。家族に起こる事件を通して、彼らがこのような道を経たのかを描く映画になっている。今回は初日舞台あいさつに、俳優の竹之内豊さん、松雪泰子さん、坂口健太郎さん、黒島結菜さん、池田優斗さん、蝶野博監督が登場。映画の見どころや撮影の裏話を語った。

初日を迎えた感想について、主演の竹之内豊さんは「ようやくこの映画を世に送り出す日をこれだけの方に迎えられて、これからこの映画が皆さんにどうご覧いただいてみんなの心の中にどう伝わっていくかはわかりませんけれども、良い思い出に残る作品に成ったらいいなと思っています」と完成について感慨深そうな挨拶。黒島結菜さんは「私はこの作品にかかわれることができてすごくいい経験になりました」とこれまでの日々を振り返った。

また、黒島結菜さんは撮影中、「私は凄い皆さんがおっしゃっているように、自然に現場には入れましたし、私も映画の撮影は2本目とかになるくらいだったので、現場にどういたらいいのかっていう、そういうお芝居もそうなんですけど、現場のいかたっていうのがあったんですけど、そういうのを考えなくていいって思うくらい自然に現場に入れて、すごい楽しかったです」と本当の家族のような暖かい居心地の良さをを感じたという。共演者とのエピソードとして「カレーを食べるシーン、団欒というかみんなで作って食べてっていう、家族みんなで食卓を囲むっていうシーンが好きで、本当にカレーもおいしかったですし、居心地がすごく良かったです」と家族での食事シーンを挙げ、「私も自然に台詞が出ているところがあって」とありのままの演技ができたことを喜んでいた。

日本を代表する俳優陣との共演に、「撮影の最初は緊張していた」という黒島結菜さん。ただ、前述のとおり自然に演技ができる環境になっていったそうで、「カードゲームをするシーンが最初にあったので、割と何回も本当に遊んで、最初のコミュニケーションがそうだったので楽しかったよね?」と、母親役を務めた松雪泰子さんも暖かな親子関係に目を細めていた。

最後に竹之内豊さんが「自分がまだ見ぬ未来に向かってどこに行けばいいのか、なかなか希望を見つけ出すことが出来なかったりとか、本当に自分自身に向き合う時間の中でいろいろ悔しい思いだったりとか、いろんなそういう時代があったんですけど、そのたびにたくさん映画というものに心を救われてきました。本当にずいぶんいろんな映画を見てきたんですけど、それらの時間は心の成長過程に大切な時間だったなと思っていて、この映画もきっとそういう映画に、皆さんの心の中にうつるといいなと思っています」と思いを語った。

映画「at Home アットホーム」は全国で公開中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連リンク

映画「at Home アットホーム」 オフィシャルサイト

関連商品