木村文乃 初の刑事役で華奢感を出すためにサイズの小さい衣装で出演! | GirlsNews

木村文乃 初の刑事役で華奢感を出すためにサイズの小さい衣装で出演!

木村文乃
木村文乃
  • 左から内片輝監督・木村文乃・青木崇高
  • 左から木村文乃・青木崇高
  • 木村文乃
  • 木村文乃
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

8月5日、日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 石の繭」制作発表会見が都内で行われ、木村文乃、青木崇高、そして内片輝監督が出席した。

本作は麻見和史原作の「石の繭 警視庁殺人分析班」を映像化。警視庁捜査一課十一係の刑事となった如月塔子(木村文乃)が猟奇殺人の犯人との息詰まる攻防戦を繰り広げるノンストップ・クライムサスペンス。

初の刑事役を演じる木村文乃さんは「(木村文乃さんが演じる)塔子も警察官としてのキャリアはあるけれど、刑事として悲惨な現場に行くことや銃を抜くということは今まで無かったことなので、私の刑事役が初めてということと、塔子の初めてが上手くリンクさせられたらいいなと思って、あまり格好つけずにやってました。」とコメント。

役作りで気を付けたこととして木村文乃さんは「塔子って私が演じてきた中で、一番女の子だなと思う人でもあって、そこは監督に何度も助けていただいたんですけど、感情の揺れをすごく出さなきゃいけなかったりするところが大変でした。あとは原作の塔子はすごく小柄なイメージで、私、そんなに小柄では無いので、ちょっとでも華奢感が出ればいいなと思って、(衣装のサイズは)本来は9号なんですけど、7号(のサイズの衣装)を着たら華奢に見えるかなと思って、窮屈さを我慢しながら7号を着続けました。」と撮影の裏話をしていた。

最後に木村文乃さんは「このお話の普通じゃないところは、犯人が見つかって、なぜ彼はそうなってしまったのか、それに纏わる人間関係だったり、純粋な気持ちだったはずのものが、そこまで曲がってしまう理由。そういう人の心の部分というのも内片監督の演出も有り、とても色濃く描かれているので、サスペンスでもありますけれど、人の根っこの部分も色濃く出てると思うので、きっと人間の部分に触れて考えられることがあるんじゃないかなと思います。」とアピールしていた。

WOWOW 日曜オリジナルドラマ「連続ドラマW 石の繭」は8月16日(日) 夜10:00よりスタート(全5話・第1話無料放送)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連リンク

連続ドラマW 石の繭(まゆ) WOWOWオフィシャルサイト

関連商品