花よりセグウェイ? 「東京無国籍少女」の清野菜名が押井守監督のプレゼントに大喜び | GirlsNews

花よりセグウェイ? 「東京無国籍少女」の清野菜名が押井守監督のプレゼントに大喜び

「東京無国籍少女」初日舞台挨拶
「東京無国籍少女」初日舞台挨拶
  • 「東京無国籍少女」初日舞台挨拶
  • 「東京無国籍少女」初日舞台挨拶
  • 「東京無国籍少女」初日舞台挨拶
  • 「東京無国籍少女」初日舞台挨拶
  • 「東京無国籍少女」初日舞台挨拶
  • 「東京無国籍少女」初日舞台挨拶
  • 「東京無国籍少女」初日舞台挨拶
  • 「東京無国籍少女」初日舞台挨拶
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

7月25日、映画「東京無国籍少女」が公開初日を迎え、主演の清野菜名と、共演の田中日奈子、吉永アユリ、花影香音、そして、押井守監督が、新宿バルト9で行われた舞台挨拶に登壇した。

若い女の子ばかりに囲まれての舞台挨拶は珍しい押井守監督は「俺は何の映画を撮ったんだっけ?」と、落ち着かない様子だった。

清野菜名さんは撮影初日の印象を、「台本が薄くて不安だったんですが、監督から“現場で付け足してくから”と言われて、さらに不安になった。とにかく、クランクインは不安しかなかった。」と振り返った。

また、監督の第一印象について聞かれると、「声が小さくて、最初は口元を見て頑張って読み取っていたんですが、現場では空気が悪くてマスクをされていたので、更に解らなくなった。それで、何度も監督に聞き返したりしましたけど、監督はそのたびに説明してくれたので、理解できるまで聞くことができて良かった。これまで私は、監督と会話をして役を作ってゆくという経験がなかったので、納得した上で演じられるのは楽しかった。」と話した。

押井守監督は、「声が小さいのは皆んなから言われる。」と苦笑しながらも「そうするとだんだん近づいてくる。それがなかなかいいんだよ。距離感が縮まるから。」と、持論を展開した。

押井守監督が、「撮る側としてはこの子たちと何を話したらいいんだろう?共通の言葉はあるんだろうかって不安があった。冗談を言ってもなぜかウケない。」と話すと、吉永アユリさんは「そうだったんですね。全然気が付かなかったです。」といい、司会から「監督が言った冗談でなにか憶えてませんか?」と質問された女の子たちは、「何かあったんですか?」と揃って首を傾げた。押井守監督は「現場では半分ぐらい冗談だったんですけど。」と、さらに声を小さくしていた。

イベントでは最後に、押井守監督から出演者に花束が贈られたが、プレゼンターが乗ってきたセグウェイのほうに彼女たちは「スゴイ!」と声をあげて興味を奪われ、「ずっと乗りたかったやつですよ!」と清野菜名さんが食いついた。押井守監督が小声で「これもあげる。」というと、清野菜名さんは耳を疑って思わず監督に駆け寄った。花束の後にセグウェイを受け取った清野菜名さんは「嬉しい。いっぱい乗ります!」と大喜びだった。

映画「東京無国籍少女」は新宿バルト9ほか全国ロードショー公開中!

如月さや 初めてのTバックは“ちょっと勇気が要りました”

(C)2015 東映ビデオ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連リンク

「東京無国籍少女」 オフィシャルサイト

関連商品

TOKYO TRIBE/トーキョー・トライブ [DVD] / Array

/ DVD Happinet(SB)(D)(2015-01-06)

定価:¥ 5,184

Languages