綾瀬はるか・長澤まさみ・夏帆・広瀬すずの四姉妹が涼しげな浴衣姿で鎌倉の長谷寺で大ヒット祈願! | GirlsNews

綾瀬はるか・長澤まさみ・夏帆・広瀬すずの四姉妹が涼しげな浴衣姿で鎌倉の長谷寺で大ヒット祈願!

映画『海街diary』大ヒット祈願イベントより
映画『海街diary』大ヒット祈願イベントより
  • 映画『海街diary』大ヒット祈願イベントより
  • 映画『海街diary』大ヒット祈願イベントより
  • 映画『海街diary』大ヒット祈願イベントより
  • 映画『海街diary』大ヒット祈願イベントより
  • 映画『海街diary』大ヒット祈願イベントより
  • 映画『海街diary』大ヒット祈願イベントより
  • 映画『海街diary』大ヒット祈願イベントより
  • 映画『海街diary』大ヒット祈願イベントより
  • 映画『海街diary』大ヒット祈願イベントより
  • 映画『海街diary』大ヒット祈願イベントより
  • 映画『海街diary』大ヒット祈願イベントより
  • 映画『海街diary』大ヒット祈願イベントより
  • 映画『海街diary』大ヒット祈願イベントより
  • 映画『海街diary』大ヒット祈願イベントより
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

6月9日、映画『海街diary』の大ヒット祈願イベントが鎌倉の長谷寺にて行われ、綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すずの四姉妹が劇中でも着用した涼しげな浴衣姿で参加した。

関東では前日の8日に梅雨入りし、あいにくの空模様だったが、四姉妹が長谷寺を訪れた頃には雨も止み、まるで四姉妹を待ってくれていたかのよう。

大ヒット祈願を終えた四姉妹は揃って取材に応じ、仲の良さを見せつけた。

先日四姉妹が訪れた第68回カンヌ国際映画祭について質問されると、綾瀬はるかさんは「はじめて行った場所だったので、土地の空気感も、映画に対する熱い思いを持ってる方がたくさん集まっている場所で、いろんな意味でエネルギーをたくさんいただいて、とても拍手とか温かく、とても刺激的で忘れない日々になりました。」とコメント。

2度目のカンヌとなる長澤まさみさんは「運よくというか、今年もカンヌ映画祭の方にお邪魔することができて、去年始めて行った時は、やっぱりコンペティションの方で参加したいなという目標があったので、今回、四姉妹で行ったことは本当に良い思い出になりましたし、カンヌ映画祭は頑張る人を応援してくれる場所だなというのを改めて思いました。またいつか行けるように頑張ろうと思いました。」と語る。

上映後にはスタンディングオベーションとなったことについて、夏帆さんは「本当にみなさんの温かい反応で、行ったときは夢見心地で、今、日本に帰って来て、改めて自分はすごい体験をさせていただいたんだなと噛みしめています。」と振り返っていた。

また、四姉妹で行ったカンヌでの思い出について、広瀬すずさんは「やっぱりレッドカーペットはすごく映画祭ならではの場所であり、お姉さんたちと歩けたことはすごい幸せだなと思いました。カンヌの大きさはちゃんと分かってないんですけど、大人になってからでも、その日のことを地道に感じることができたらいいなと思います。」と印象に残った様子。

この日、劇中でも着用した浴衣姿で登場し、再び思い出の浴衣を着られたことについて、綾瀬はるかさんは「浴衣が本当にそれぞれのキャラクターの個性に合っていて、すごく素敵な浴衣だなと言う風にしみじみ感じてみんなを見てました。」とコメント。

浴衣を着て行ってみたい場所を質問されると、長澤まさみさんは姉妹にどこに行ってみたいか聞き、夏帆さんが“金魚すくい”と答えると、長澤まさみさんは「お祭りですね!」と、まるで本当の姉妹のような仲の良さを見せていた。

また、夏帆さんは役柄の千佳のイメージの個性的な帯を締め、「(帯が)衣装さんの手作りみたいで、千佳の役柄にすごくぴったりで、すごく可愛いです。」とニッコリ。

浴衣での撮影シーンの思い出について、広瀬すずさんは「花火をみんなでやってるんですけど、花火の時は結構自由に動いたり話したりだったので、その瞬間を監督が丁寧に撮ってくださったので、撮影自体が本当に楽しかったです。」と、花火のシーンを思い出していた。

この日、鎌倉に四姉妹で訪れたことについて、綾瀬はるかさんは「また鎌倉に4人で来れて嬉しいです。ちょうど私がクランクインした頃も紫陽花の季節で、また鎌倉で紫陽花が見れたなと嬉しく思います。」とコメント。

鎌倉の魅力について長澤まさみさんは「昔懐かしい日本らしさもあったり、でもだからって古くさくなく、すごく都会的な印象もある街で、本当に年齢問わず愛される街で、みんなに親しんでもらえる街なのかなと思いました。」と、鎌倉の魅力を語っていた。

そして、どんな人に観てほしいか質問されると、夏帆さんは「たくさんの方に楽しんでいただける作品で、特に家族だったり身近にいる大切な人と一緒にこの映画を観て欲しいなと思います。」とコメント。
鎌倉の印象的な季節について、広瀬すずさんは「がっつり撮影したのは夏だったので、やっぱり鎌倉と言ったら、私の中で海のイメージが結構あるので、みんなで海を歩いたり、ちょっと遊んだのがすごい思い出に残ってます。」とコメント。

最後に綾瀬はるかさんは「四姉妹が本当の家族になっていく姿をとても丁寧に一年をかけて撮影しまして、本当に家族っていいなとか、家族に会いたくなったり、感謝したり、とても温かい気持ちになる映画になっていますので、是非皆さんも大切な人と観に来ていただきたいなと思います。」とアピールしていた。

四姉妹は長谷寺の鎌倉を一望できる見晴台で、フォトセッションを行い、その後、劇中で都度登場する梅酒・梅ジュースにちなみ『海街diary』特製梅ジュースの入った樽で大ヒットを祈願して鏡開きが行われ、長谷寺を訪れた一般客に梅ジュースを振舞っていた。

映画『海街diary』は鎌倉の祖母の残した家で暮らしていた3姉妹のもとに幼いころに別れたきりだった父が残した“異母妹”を迎え、海の見える街に暮らす姉妹たちの織り成す清新でリアルな家族の絆の物語。

6月13日(土)にいよいよ全国東宝系の映画館にて全国ロードショーされるので要チェックです。

(C) 2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連リンク

映画『海街diary』公式サイト
映画『海街diary』公式Twitter
映画『海街diary』公式Facebook

関連商品