映画「トイレのピエタ」が初日! 杉咲花は“洋次郎さんは本当に頑張っていた!”と野田洋次郎を称賛 | GirlsNews

映画「トイレのピエタ」が初日! 杉咲花は“洋次郎さんは本当に頑張っていた!”と野田洋次郎を称賛

映画「トイレのピエタ」初日舞台挨拶より
映画「トイレのピエタ」初日舞台挨拶より
  • 映画「トイレのピエタ」初日舞台挨拶より
  • 映画「トイレのピエタ」初日舞台挨拶より
  • 映画「トイレのピエタ」初日舞台挨拶より
  • 映画「トイレのピエタ」初日舞台挨拶より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

6月6日、映画「トイレのピエタ」の初日舞台挨拶が新宿ピカデリーで行われ、野田洋次郎、杉咲花、そして松永大司監督が登壇した。

映画「トイレのピエタ」は手塚治虫の病床日記に着想を得たオリジナルストーリー。余命3ヶ月と告げられ、忍び寄る死に恐怖を募らせる主人公が、純粋な女子高生と出会い、生きる喜びを見つけだす姿を描く。

ロックバンド・RADWIMPSのメンバーである野田洋次郎さんは今作が映画初主演となり、「監督と出会ったのは2年前、撮影してから1年くらい経って、この日が来たことを心から嬉しく思います。僕の人生においてかけがえのない体験をさせてもらった監督と杉咲花と共演者みんなとスタッフに心から感謝しています。今日は本当に幸せいっぱいです。」と感無量の様子。

野田洋次郎さん演じる主人公・宏と恋に落ちる女子高生・真衣役を演じる杉咲花さんは「みなさんの顔を見ていると泣きそうです・・・」と序盤から声を詰まらせ、「本当に松永さんは素晴らしい監督で、演技指導が厳しいのは間違いないんですけどこんなにも愛情を持って最後まで信じてやってくれた監督は初めてでした。洋次郎さんは本当に本当に頑張っていたんです。だからスタッフのみんなが洋次郎さんのことを大好きでした。」と涙ぐみながら語った。

その言葉を受けて松永大司監督も「散々今まで酷いとか怖いって言われ続けてたんですけど、今こんな言葉をもらって涙ぐんでしまいました。」と感激。

撮影の裏話として杉咲花さんがプールで泳ぐシーンで素晴らしい泳ぎを披露し、その理由を「小さい頃、人魚になりたかったんです。」と語ると明かし、杉咲花さんがプールに入っている間、スタッフのようにプールに浮かぶ落ち葉を拾っていた野田洋次郎さんに対し「金魚がいると思ったら、落ち葉だったことがありました。ちょっと拾い忘れていましたよ。」とクレーム。

それに対して野田洋次郎さんは笑いながら「1年越しに落ち葉の苦情をもらいました。」とツッコんだ。

また、クランクインまでの半年間、野田洋次郎さんの自宅で役作りとして松永大司監督と一緒に窓拭きを練習したエピソードを披露。

松永大司監督は「仮に職を失っても窓拭きの仕事ができる」と太鼓判を押した。

映画「トイレのピエタ」は新宿ピカデリー他全国公開中!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連リンク

映画『トイレのピエタ』公式サイト

関連商品