綾瀬はるか・長澤まさみ・夏帆・広瀬すずの美人四姉妹が映画「海街diary」完成披露イベントに登場! | GirlsNews

綾瀬はるか・長澤まさみ・夏帆・広瀬すずの美人四姉妹が映画「海街diary」完成披露イベントに登場!

映画「海街diary」完成披露イベントより
映画「海街diary」完成披露イベントより
  • 映画「海街diary」完成披露イベントより
  • 映画「海街diary」完成披露イベントより
  • 映画「海街diary」完成披露イベントより
  • 映画「海街diary」完成披露イベントより
  • 映画「海街diary」完成披露イベントより
  • 映画「海街diary」完成披露イベントより
  • 映画「海街diary」完成披露イベントより
  • 映画「海街diary」完成披露イベントより
  • 映画「海街diary」完成披露イベントより
  • 映画「海街diary」完成披露イベントより
  • 映画「海街diary」完成披露イベントより
  • 映画「海街diary」完成披露イベントより
  • 映画「海街diary」完成披露イベントより
  • 映画「海街diary」完成披露イベントより
  • 映画「海街diary」完成披露イベントより
  • 映画「海街diary」完成披露イベントより(オフィシャル写真) (C) 2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ
  • 映画「海街diary」完成披露イベントより(オフィシャル写真) (C) 2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ
  • 映画「海街diary」完成披露イベントより(オフィシャル写真) (C) 2015 吉田秋生・小学館/フジテレビジョン 小学館 東宝 ギャガ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

5月11日、映画「海街diary」完成披露イベントが六本木ヒルズアリーナで行われ、四姉妹役を演じた綾瀬はるか(長女)、長澤まさみ(次女)、夏帆(三女)、広瀬すず(四女)と、四姉妹を見守る大人キャストの大竹しのぶ、風吹ジュン、リリー・フランキー、そして是枝裕和監督が登壇した。

本作は鎌倉の祖母の残した家で暮らしていた3姉妹のもとに幼いころに別れたきりだった父が残した“異母妹”を迎え、海の見える街に暮らす姉妹たちの織り成す清新でリアルな家族の絆の物語。

紫陽花で彩られた舞台にキャスト陣が登場すると、ファンの温かい拍手と歓声で迎えられた。

長女の綾瀬はるかさんが場を和ませる挨拶を行いトークセッションがスタート。

長女の幸田幸を演じた綾瀬はるかさんは、今回の役について「すごく生真面目で、不器用、そして長女なので背負ってるものがたくさんある女性です。」と紹介。

次女の幸田佳乃を演じた長澤まさみさんは、長女役の綾瀬はるかさんの現場での様子について、「本当にしっかり者で、みんなを引っ張っていってくれる頼りがいのあるお姉ちゃんで、実際のはるかちゃんは、もっとジョークが効いてて、本当に面白くて、みんなをいつも笑わせてくれる人です。」と語っていた。

自身との共通点について、長澤まさみさんは「次女として家族の問題を常に意識して、周りに気配って生きている人なんですけど、基本的におちゃらけてて面白い人なんですよね。そういうおちゃらけている部分は割と似てるかもしれないんですけど、お酒は佳乃ほど強くないし、割と正反対な部分が多いのかなと思います。」と語る。

自然派な感じを演じた三女の幸田千佳を演じた夏帆さんは「常にフラットな気持ちで現場にいることを心掛けました。どうしても力んでしまうので、そういう気持ちを持たず、常にフラットな状態でいることをすごく気を付けました。」とコメント。

また、腹違いの四女・浅野すず役を演じた広瀬すずさんは「映画の中でも最初、お姉ちゃんたちと距離を取って、自分の目で見計らってるんですけど、だんだん家族になっていくにつれての距離の縮まり方が現場にいる私とお姉ちゃんと重なる部分がすごくあって、本当にすごい楽しかったです。綾瀬さんはテレビで見る印象のままの方だったので、変な緊張もせずすごく楽しくお話をさせてもらいました。長澤さんは地元が一緒だったので、現場ではすごい笑わせてくれたりしたことが多かったので、たくさん楽しませてもらいました。夏帆さんは年齢も一番近いのでカメラが回っていないところでも、一番最初に馴染んで来て、姉妹の中に入ってくるきっかけにさせてもらいました。」と語る。

すると綾瀬はるかさんは広瀬すずさんのことについて、「すごくしっかりしています。16歳のあどけないところが絶妙なバランスでいて、それでいてクールなところもあって、すごく気になる存在でした。」と広瀬すずさんのことを絶賛していた。

是枝裕和監督は本作について「撮影しながら、(四姉妹は)カットかけずにずっと見てたいなと思うようなシーンばかりだったので、現場にいたスタッフはみんなそう思ってたと思います。そう思える現場というのは監督にとっては幸せです。」と話していた。

そして、カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に正式出品が決定し、四姉妹も参加することが決定。

綾瀬はるかさんは「ワクワクとドキドキと、世界の方がどういう風に観てくださるのかがすごく楽しみではあります。」、長澤まさみさんは「本当に楽しみとワクワクとドキドキと不思議な感じです。きっとどの国の人もわかってもらえるストーリーだと思うし、四姉妹のお話だけじゃなくて、本当にたくさんの女性が出て来て、男性陣も出て来るんですけど、やっぱり女性のお話だなと思うとともに、この映画に対しての監督が思ってる女性への愛情や尊敬の念というか、そういうものを深く感じられる作品だと思うので、きっといろんな人にわかってもらえる作品になってるんじゃないかなと思います。」、夏帆さんは「世界の方たちの反応を生で見れるというか、その場に自分がいて感じられるというのはすごく楽しみです。」、広瀬すずさんは「海外でいろんな人たちに観てもらうという経験は初めてなので、全然想像がつかないんですけど、すごい楽しみだなと思います。」とそれぞれコメント。

すると、カンヌの経験があるリリー・フランキーさんは「人間くさい部分は映画祭でたくさんの人が観ていただけて評価できるところだと思います。この四人が(レッドカーペットを)歩くわけですから、こんな誇らしい瞬間は無いじゃないですか。四人ともドレスは露出多めで!」とアドバイスしていた。

最後に、長女の綾瀬はるかさんは「本当にどこを切り取ってもとても美しい生き方や景色や、ちょっとした表情が本当にすべてが美しなと、とってもいいものを観たという気持ちになる映画だなと私は思います。是非皆さんも必ず観ていただきたいです! 楽しみにしていてください!」とアピールしていた。

映画「海街diary」は6月13日(土)全国ロードショー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連リンク

映画「海街diary」公式サイト

関連商品