栞菜、坂田しおり、階戸瑠李が三国志の世界へ 舞台「龍狼伝」は満身これ胆なり! | GirlsNews

栞菜、坂田しおり、階戸瑠李が三国志の世界へ 舞台「龍狼伝」は満身これ胆なり!

舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • 舞台「龍狼伝」ゲネプロ公演より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

5月2日、山原義人氏よる人気コミックを原作とした舞台「龍狼伝」が、銀座・博品館劇場にて公演初日を迎えた。

「龍狼伝」は、月刊少年マガジンで1993年に連載が始まり、今も続編の「龍狼伝 中原繚乱編」が連載中の大長編コミック。「三国志」の時代にタイムスリップしてしまった少年と少女が歴史上の英傑たちと繰り広げる壮大なアクション絵巻だ。

今回の舞台では、主人公・天地志狼役にドラマ「ファイヤーレオン」などで活躍の椎名鯛造さん、志狼の幼なじみ・泉真澄役をアリスインプロジェクトの公演でお馴染みの栞菜が演じるほか、「ミュージカル美少女戦士セーラームーン」の坂田しおりさんや、「ミスFLASH2013」などで活躍の階戸瑠李さんなど魅力的な女優と、殺陣やアクションを迫力満点に見せつけてくれる男優陣が顔を揃えた。

GirlsNews取材班は、初日公演前のゲネプロを終えたばかりのキャストの方々にコメントをお願いした。

主演の椎名鯛造さんは本作について、「三国志の時代に来てしまったニ人が離れ離れになったりしながらも成長して、現代にいた頃には気が付かなかった想いに気づいていくという淡いストーリーと、三国志の熱い戦いが見どころだと思います。」と紹介してくれた。

自身の演じる志狼については、「三国志の時代に来てから自分でも気がついてなかった真の強さに開花して、成長して行く過程が自分でも感じられるのが演じていて楽しいです。」と話した。

本作の柱となる椎名鯛造さんの演技は、序盤の修学旅行に出かけるシーンや、タイムスリップしてうろたえるシーンでは、どこにでもいるような高校生を自然に演じているが、物語が進むに連れてたくましくなっていく様子が実際に歳月を経たかのようにメリハリがあって、龍狼伝の物語に強い説得力をもたらしている。

演技についての感想をそう伝えると、「最初は朗らかですけど、最後はピリピリしているんで、帰りの電車ではピリピリしています。割りと引きずるんです。」と椎名鯛造さんは笑った。

志狼の相手役の栞菜さんは、「真澄ちゃんは女性の鏡のような完璧な才女で、志狼くんを影から支えていて、“離れればこそ信じる”という舞台のキャッチフレーズも真澄ちゃんの想いそのものだと感じます。」と役柄を紹介した。

本作は密度が高い作品だけに、相当大変な稽古になったのではと尋ねてみたが、「とっても楽しくて、みんなが素晴らしい人ばかりで、刺激をもらいながらいい稽古が出来ました。」と稽古場の雰囲気についてにこやかに話した。

今回は、アクションシーンの連続にもかかわらず、とても凝った衣装も注目すべきポイント。「すごい豪華な衣装でヘアメイクも含めて原作に忠実ですね。みんなも身につけてテンションが上がっています!」と栞菜さんは声を弾ませた。

劉備役の緑川睦さんも、「ホンマに申し訳ないくらい豪華な衣装です。」と恐縮しながらも、バッチリと濃く描かれた眉ですっかり三国志の英傑に成りきっているようだった。

歴史上の大人物を演じることにプレッシャーはありませんでしたかと尋ねると、曹操役の室龍規さんは、「曹操と劉備玄徳は一対なので、お互いの色を出せればと思う。真逆な部分をうまく表現できたら、そこに志狼と真澄が加わって、龍狼伝の見どころに繋がると思う。」と話した。

一方の緑川睦さんは、「曹操は劉備に嫉妬している部分も内面にあるはず。原作で描かれているキャラクターを読み取って合わせていくのが大変でした。」と苦労を明かした。

坂田しおりさんは、この夏にセーラームーンミュージカルを卒業することが伝えられたばかりだが、これまでは“戦うお姫様”的な役が多かった。今回の役柄については、「男勝りな役で殺陣がバリバリにあって、私自身にとって新しい挑戦でした。」と語り、「実際に武器を手にするまでは感覚もわからなくて、殺陣の数も今回一番多くてプレッシャーでしたが、周りが殺陣の上手い方ばかりなのでフォローしてもらってます。女性らしいしなやかな動きも表現できたら。」と話した。

最後に椎名鯛造さんは、「殺陣が迫力あるのはもちろん、芝居もできる役者さんが揃っているので、いろんなキャラクターに感情移入ができると思う。それぞれ敵ではあるけれど、生きるためであったり、誰かや自分の信念を守るために戦っているので、“今日はこっちの側から観てみよう”と繰り返し観ていただいても楽しめるはず。ぜひ何度も劇場に足を運んでいただけたら。」とアピールしていた。

舞台「龍狼伝」
【日程】2015年5月2日(土)~6日(水・祝)
【会場】博品館劇場
【料金】前売6500円、当日7000円(全席指定・税込)
【キャスト】
椎名鯛造 / 栞菜 / 井深克彦 / 友常勇気 / 鶴田亮介 / 室龍規 / 山碕薫太 / 樋口裕太 / 坂田しおり / 緑川睦 / 末野卓磨 / 新田健太 / 階戸瑠李 / 鷹松宏一 / 鵜飼主水 / 木田健太 / 山本哲平 / 小玉百夏 / 吉田宗洋 / 葵 / Kimeru / 田中翔大 / 成瀬隆典 / 竹本凌 / 田嶋悠理 / 小林聖尚 / 宮下奏 / Ayano / 松岡美那

(C)山原義人/講談社

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連リンク

舞台『龍狼伝』公式サイト

関連商品

Languages