WOWOW初の時代劇「ふたがしら」 追加キャストとして菜々緒と成宮寛貴の出演が発表! | GirlsNews

WOWOW初の時代劇「ふたがしら」 追加キャストとして菜々緒と成宮寛貴の出演が発表!

ニュース 女優 映画・ドラマ
成宮寛貴(左)・菜々緒(右) (C)オノ・ナツメ/小学館 (C)2015 WOWOW/ホリプロ
成宮寛貴(左)・菜々緒(右) (C)オノ・ナツメ/小学館 (C)2015 WOWOW/ホリプロ

4月10日、連続ドラマとしてはWOWOW初の時代劇への挑戦となる「連続ドラマW ふたがしら」の第二弾キャストとして、女優の菜々緒さんと成宮寛貴さんが出演することが発表された。

先日、弁慶を演じる松山ケンイチ・宗次を演じる早乙女太一の出演を発表致した本作だが、いよいよ第2弾となるキャスト解禁を行なう。盗賊の一味“赤目”の頭(かしら)・辰五郎亡き後、その跡目を継ぐ甚三郎役を演じるのは、「相棒」後初のドラマ出演となる成宮寛貴。辰五郎の妻でありながら、甚三郎と関係を持つおこん役を演じるのは、今回、時代劇初挑戦となる菜々緒。甚三郎とおこん率いる“赤目”はそれまでの脅さず殺さずという“赤目”の掟を破り、つとめのためなら殺しも厭わない方針を打ち出し、弁蔵と宗次と対立を深めていく。

また、追加キャストからコメントが到着している。

<追加キャストコメント>

■成宮寛貴(甚三郎:赤目一味・頭/つとめを果たすためには、殺しも躊躇わない非道な男。)

・本作の脚本を読んだ時の感想
時代劇という漠然としたイメージだけで読ませて頂いたのですが、非常に現代に通じるものやメッセージがある作品だと思いました。どれだけ魅力的な悪役ができるか挑戦したいなと思いました。

・赤目一味の頭・甚三郎を演じての感想
甚三郎を演じてというよりも、今このタイミングでこの作品をやらせて頂いたことに意味を感じます。初めて同じ役を長く演じた「相棒」が終わり、そのあとすぐに参加した作品。“相棒”で学んだ事を早く他の作品、役で試したかったし、自分への期待も含めた“挑戦”の意味合いがあった。この「ふたがしら」に良いタイミングで出会えた気がしています。

・菜々緒さんと共演しての感想
はじめましての挨拶からすぐにキスシーンだったりと、2人でのシーンが多かったので、限られた時間の中でどれだけ信頼関係を築いていけるかが、2人の関係性を見せる上で大事だなと思っていました。時間がない中でも現場ではお互いのやりたい事や、お互いの受けのお芝居も自然とやり合うことができたので、僕自身、非常に楽しく撮影ができました。“おこん”と“甚三”のラストシーンがお気に入りです。

■菜々緒(おこん:辰五郎の妻/辰五郎の妻でありながら、甚三郎と関係を持つ。過去に弁蔵と宗次との間にも関係を持つ魔性の女。)

・本作の脚本を読んだ時の感想
漫画原作ということで、まず漫画を拝見しました。その後に脚本を。脚本を拝見した時、一人一人の思いや、様々な愛の形が垣間見え、いろんな感情が込み上げてきました。やはりこの時代から日本人は人情深いというか、想い、気持ちが強い人たちが多かったのかな、と考えさせられる部分がありました。

・辰五郎の妻・おこんを演じての感想
辰五郎とおこんは、相思相愛。優しく、寛容で、賢い、辰五郎を愛しているおこん。男の世界も凄いですが、その世界で生きていくおこんも凄い。弁蔵とも、宗次とも、甚三郎とも、関係をもっているおこんを側における辰五郎も、それを分かっていて側に居るおこんも、歪んでいるけど、愛がある。

・成宮さんと共演しての感想
辰五郎の愛以上に歪んでいるのが、甚三郎との愛。甚三郎の傲慢な部分とは、裏腹に成宮さんは本当に親切で、時代劇が初めての私に色々気を使ってくださったり、色々教えてくださったり、リードして頂きました。初共演で濃密なシーンが多かったですが、お陰様でぶつかっていけました。

●ストーリー
豪放な性格の弁蔵(松山ケンイチ)とクールな色男・宗次(早乙女太一)は、八王子の飛脚問屋で働いていた。彼らの裏の顔は“赤目”を名乗る盗賊の一味。「脅さず殺さず汚え金を根こそぎいただく」のが赤目の仕事。赤目の頭(かしら)・辰五郎を敬愛する2人は、夜な夜な仲間とともに悪人の屋敷に忍び込み仕事に精を出していた。
だがある日、辰五郎は2人の手を取り、「一味のこと、まかせた」と言って息を引き取ってしまう。
しかし、姐さん(菜々緒)が預かった遺言状には、辰五郎の弟分・甚三郎(成宮寛貴)に跡目を継がせると記されていた。納得のいかない2人は、赤目一味とたもとを分かち、旅立つ決意をする。そう・・・「でっかいこと」を成し遂げるために!

●スタッフ・キャスト
原作:オノ・ナツメ「ふたがしら」(小学館ビッグコミックスピリッツ増刊「ヒバナ」連載)
監督:入江悠『ジョーカー・ゲーム』『SR サイタマノラッパー』
脚本:中島かずき(劇団☆新感線)「阿修羅城の瞳」「髑髏城の七人」「蛮幽鬼」「蒼の乱」
出演:松山ケンイチ 早乙女太一 成宮寛貴 菜々緒

(C)オノ・ナツメ/小学館 (C)2015 WOWOW/ホリプロ

関連リンク

ドラマ「ふたがしら」オフィシャルページ

関連商品