映画「案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~」が公開初日! 平祐奈と大友花恋が監督に質問攻勢! | GirlsNews

映画「案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~」が公開初日! 平祐奈と大友花恋が監督に質問攻勢!

左から井上春生監督・大友花恋・平祐奈
左から井上春生監督・大友花恋・平祐奈
  • 左から井上春生監督・大友花恋・平祐奈
  • 左から井上春生監督・大友花恋・平祐奈
  • 平祐奈
  • 大友花恋
  • 平祐奈
  • 大友花恋
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

4月4日、映画「案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~」の初日舞台挨拶がイオンシネマ板橋で行われ、平祐奈さん、大友花恋さん、井上春生監督が登壇した。

本作は心に傷を負って都会から来た少女と島で受け入れる少女、ふたりの少女が“ソフトテニス”を通じて島で巻き起こす、ピュアでハートフルな青春ラプソディ映画。

井上春生監督は「この企画を考えだして2年目でようやく晴れの舞台を迎えることができました。ソフトテニスを題材にした映画ですが、平祐奈さんと大友花恋さんの2人が美しく可愛らしく跳ねているので最後までご覧ください。」、平祐奈さんは「今日は公開初日を迎えることができてとても嬉しく思っています。」、大友花恋さんは「今日を凄く楽しみにしてきました。みなさんが楽しかったと思っていただける映画になっていたらいいなと思っています。」と挨拶。

平祐奈さんと大友花恋さんからいきなりに井上春生監督へ『どうして私たちを選んだのか?』の質問が飛ぶと、井上春生監督は「平祐奈さんは明るくタフな精神の持ち主で周りを明るくさせてくれる。大友花恋さんは佐渡で撮ったので役者はお芝居が上手なのは当然として、体が資本なのでキラキラした子を選びました。」と回答。

続いて平祐奈さんから監督に完成した映画を観ての感想を聞かれて、井上春生監督は「重層感がありいろんな年齢層の人に観てもらいたい。客観的にみてよかったと思います。」と答えた。

井上春生監督からオーディションについて質問されると平祐奈さんは「テニスをできてもできなくてもいいと書いてありましたが、球技をやったことがありませんでした。今思い出したことは監督が黄色いメガネをかけていて、助監督は黄色い靴を履いていて黄色が好きなんだなぁとオーディション中は考えていました。」と会場を笑わせると、大友花恋さんは「オーディション用の台本をもらった時にこの役は私っぽいと思いました。いつもの私なら迷ってしまうところですが、すんなりこの役をやりたいと思いました。だから自分に近い役をできるとワクワクしながら受けていました。」と語った。

最後に大友花恋さんは「この映画を観てみなさんの心に残ればいいなと思っています。ありがとうございました。」、平祐奈さんは「いろんな感情やプレッシャーと戦いながらたくさんの方々に支えていただきやりきることができました。私の中でも印象深い作品になっていますので、みなさんに暖かく見守っていただけたらと思っています。」、井上春生監督は「日本では最近10年で公立学校が2000校も廃校になっている聞いています。日本が地方を含め元気がない。平祐奈さんと大友花恋さんの2人が画面の中で弾けていて元気のない地域に元気を与えてくれる映画になったと思います。最後まで楽しんで観てください。」と挨拶を締めた。

映画「案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~」はイオンシネマ板橋ほか全国ロードショー!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連リンク

映画「案山子とラケット ~亜季と珠子の夏休み~」 公式HP

関連商品

JKは雪女 [DVD] / Array

/ DVD オデッサ・エンタテインメント(2016-02-02)

定価:¥ 4,104

Pigooオンデマンドランキング

Languages