藤野涼子 映画「ソロモンの偽証」の撮影は“充実した時間” | GirlsNews

藤野涼子 映画「ソロモンの偽証」の撮影は“充実した時間”

成島出監督(左)・藤野涼子(右)
成島出監督(左)・藤野涼子(右)
  • 成島出監督(左)・藤野涼子(右)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

2月19日、映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」に出演する藤野涼子さんと成島出監督のトークショー付試写会が都内で行われた。

本作はベストセラー作家・宮部みゆきの原作を『八日目の・』で主要映画賞を総なめした成島出監督が完全映画化したもの。演じるのは、約1万人の候補者の中から本作の為に選び抜かれた新鋭たちだ。共演には、佐々木蔵之介さん、夏川結衣さん、永作博美さん、小日向文世さん、黒木華さん、尾野真千子さんら豪華俳優陣が集結している。

トークショーでは藤野涼子さんと成島出監督の和やかなトークが繰り広げられた。

役名・芸名を同じく藤野涼子として参加され、藤野涼子さんは「周りの皆さんの方が演技経験があるので、精一杯やるだけでしたが充実した時間を過ごさせていただきました。」とコメント。

偽証という“ウソ”もテーマの一つになっていることに因み、ウソをついて反省したことがあるか質問されると、藤野涼子さんは「母親が食器を集めるのが趣味なのですが、私が壊してしまったのを父親に濡れ衣を着せようとしてしまいました(笑)。」と告白していた。

また、成島監督は「監督なんてウソをついて映画をつくっているようなもんですから。ヒッチコックが女優が悲鳴を上げるシーンが上手くいかずに、自分のズボンを下ろして女優が悲鳴を上げたテイクをOKにしたというような話もあるくらいですからね。」と語る。

最後に藤野涼子さんは「私は監督みたいに面白いことは言えないのですが、全身全霊で藤野涼子になりきって演じ涼子を生きたと思っていますので、作品を気にっていただけましたらこの想いを皆に伝えてほしいと思います。」とアピールしていた。

映画「ソロモンの偽証 前篇・事件」は3月7日(土)公開!

(C)2015「ソロモンの偽証」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連リンク

映画『ソロモンの偽証』オフィシャルサイト

関連商品

Languages