映画「娚の一生」が初日! 榮倉奈々が大人の女性へ変貌! | GirlsNews

映画「娚の一生」が初日! 榮倉奈々が大人の女性へ変貌!

映画「娚の一生」初日舞台挨拶より
映画「娚の一生」初日舞台挨拶より
  • 映画「娚の一生」初日舞台挨拶より
  • 映画「娚の一生」初日舞台挨拶より
  • 映画「娚の一生」初日舞台挨拶より
  • 映画「娚の一生」初日舞台挨拶より
  • 映画「娚の一生」初日舞台挨拶より
  • 映画「娚の一生」初日舞台挨拶より
  • 映画「娚の一生」初日舞台挨拶より
  • 映画「娚の一生」初日舞台挨拶より
  • 映画「娚の一生」初日舞台挨拶より
  • 映画「娚の一生」初日舞台挨拶より
  • 映画「娚の一生」初日舞台挨拶より
  • 映画「娚の一生」初日舞台挨拶より
  • 映画「娚の一生」初日舞台挨拶より
  • 映画「娚の一生」初日舞台挨拶より
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

2月14日、映画「(おとこ)の一生」初日舞台挨拶が新宿ピカデリーで行われ、榮倉奈々・豊川悦司・向井理、そして廣木隆一監督が登壇した。

本作は、西炯子さん原作の同名コミックの実写映画化。人生に疲れ東京から祖母が住む家に移住した主人公・つぐみと、祖母の友人だという大学教授・海江田がお互いに心を次第に許していく様子を描いた大人のラブストーリーだ。榮倉奈々さんの代表作「余命一か月の花嫁」の監督を務めた廣木隆一監督がメガホンをとり、『廣木組』と呼ばれるスタッフが集まって三重県をロケ地に1か月間合宿のような生活を送って撮影されたという。

公開を迎えたことについて榮倉奈々さんは「廣木監督とずっとお仕事がしたくて、やっと念願かなったこの映画が今日公開ということで、今皆さんの前に立って改めて実感しています。うれしいです」と感慨深く語った。6年ぶりとなる廣木監督作品の”どっぷりと”した撮影を経験した感想を訊ねられると「すごく試練が多いですね。その試練を与えてもらうことが幸せなことで、責任を与えてもらえるという幸せを感じながら、それでもまだ厳しかった毎日でした」と撮影の日々を振り返っていたが、これには監督からも「飄々とやっていた」と思わぬ反論が飛び、榮倉奈々さんは苦笑を見せていた。

豊川悦司さんと共に作り上げた空気感については「三重県で2週間半くらい合宿生活のような環境を作ってもらって、どっぷりと浸れたっていうのもありますし、順番に撮ってもらったっていうのも大きかったかな?」と振り返った榮倉奈々さん。一方の豊川悦司さんの『榮倉評』は、「いまだによくわからない人ではいるんですけど(笑) よくぞこういう女の子に育て上げたなあっていう感じで。御覧のようにノビノビと育っています」というもので、会場は笑いに包まれた。

今までのイメージとは一味違う役柄について、榮倉奈々さんは「(これまでのイメージと違うように映るならば)それは私じゃなくて廣木監督のおかげで、大人な女性に撮ってくれたと思います」と改めて信頼を置く監督に感謝の意を伝えると、廣木隆一監督は「6年前なんですよ、榮倉とやったのが。今回やってすごい大人になってるなって。そういうところを撮ってあげようって気持ちがありますね」と答えた。

記者会見後半には主題歌を務める歌手もJUJUさんが登場。劇中のつぐみの気持ちをなぞって制作された「Hold me,Hold you」を、アコースティックバージョンで歌った。これにはJUJUさんと親交がある榮倉奈々さんも「こんな近くで聞いたのは初めて」と感激の面持ちだった。

最後はバレンタインデーにちなんで、劇中の話題のシーン『足キス』をモチーフにした『足チョコ』を囲んで5人で記念撮影。「優しい風を感じられたり、柔らかいにおいを感じられるような、空気を感じられるふんわりした優しい大人の恋愛映画になっていると思います」(榮倉奈々)という一作は海外での公開も決定しており、今後の展開にも注目が集まる。

映画「(おとこ)の一生」は全国公開中!

(C)2015 西炯子・小学館/「娚の一生」製作委員会

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連リンク

映画「娚の一生」 オフィシャルサイト

関連商品