橋本愛 映画「リトル・フォレスト」上映会・交流会でゆかりの岩手に”帰郷”! | GirlsNews

橋本愛 映画「リトル・フォレスト」上映会・交流会でゆかりの岩手に”帰郷”!

ニュース 女優 映画・ドラマ
映画「リトル・フォレスト」最速上映会および交流会より
映画「リトル・フォレスト」最速上映会および交流会より
  • 映画「リトル・フォレスト」最速上映会および交流会より
  • 映画「リトル・フォレスト」最速上映会および交流会より
  • 映画「リトル・フォレスト」最速上映会および交流会より
  • 映画「リトル・フォレスト」最速上映会および交流会より

1月28日・29日、女優・橋本愛さん主演映画「リトル・フォレスト」の最速上映会および交流会がロケ地・岩手県で行われた。

28日に盛岡市内で行われた最速上映会。舞台挨拶の冒頭、橋本さんが「みなさん、夕飯は済ませてますか?映画を見るとお腹がすきますよ」と挨拶すると、客席から笑いが起こり掴みはOKといった雰囲気で始まった。「岩手県にはご縁があって『リトル・フォレスト』含め3度来ています。遠野、久慈、そして奥州市ですが、それぞれの地域ごとの特色があって豊かだと思いました。そして岩手は広い!大きい!『あまちゃん』の撮影後に『リトル・フォレスト』の現場へ移動した時があって久慈から奥州市衣川区へ車で移動した時に、同じ県内なのに3時間かかり、風景も海から山へ変わってビックリしました」と懐かしそうに撮影を振り返った。

「映画の中で美味しかった岩手の郷土料理は?」という質問には「私の故郷の熊本の郷土料理で「だご汁」という料理があって子供の頃から大好物だったのですが、岩手の郷土料理『ひっつみ』を食べた時、すごく似ていて懐かしさを感じると同時に美味しさにあらためて感動しました」と語った。さらに「あと『がんづき』ですね。映画の最後に郷土の伝統舞踊である神楽を踊っていますが、その練習のため1か月間毎週一関市に通いました。その時に毎回大森神楽保存会のお母様が作って食べさせて頂いたのが、がんづきです。とても体力を消耗する踊りだったので、お母様たち手作りのがんづきでパワーを頂いてました」と答えた。

最後に岩手県の公式キャラクター「わんこきょうだい」の「そばっち」が、橋本さんと森監督に花束を贈呈。「そばっち」の身長が思いのほか小さく、腕が短かったため、橋本さんも森監督もしゃがんで花束を受けとろうとすると、場内は再び笑いに包まれ、終始おだやかな雰囲気のイベントとなった。

翌日は『リトル・フォレスト』の撮影を行った奥州市衣川区大森地区を訪れ、交流会を行った橋本愛さん。お世話になった地元のみなさんと再会を果たした。映画の中で、主人公いち子を演じた橋本さんが実際に植えたもち米を使い、餅つきをした。「愛ちゃんの作った餅米だよ」と地元のお母さんに言われるや、「えー!だったら絶対餅つきしたい!」と言い、「杵は5kgくらいあるが大丈夫か?」と聞かれても、「私、結構力仕事は得意です!」と自信満々に答えていました。しかし、やり始めて5回くらいついたところで、「限界…」とギブアップ!それでも「(映画の中でやった)薪割り同様、餅つきも大変上手」と褒められていた。

ひっつみ(岩手県の郷土料理。小麦粉を用いた汁物で水団の一種)づくりをした時は、「団子の丸め方、難しいんですよ、コツを忘れちゃった」と言って、地元のお母さんに教わりながら作業を進めた。出来上がった汁に入っている不格好な団子を見て、「これ、私が作ったやつだ」と苦笑する一幕も。自分で植えたもち米を餅つきして出来上がった納豆もちを食べながら、橋本さんは「餅はつきたてが柔らかくて一番美味しい」と、パクパクと平らげ満足げに語っていた。地元のお母さんたちからは「娘が帰ってきたみたいで嬉しい」とも言われ、橋本さんは終始ニコニコしながら、地元の皆さんとの交流を楽しんでいた。

映画「リトルフォレスト 冬・春」は2月14日より全国でロードショーとなる。また、「リトルフォレスト 夏・秋」はDVD&Blu-rayが好評発売中となっている。

(C) 「リトル・フォレスト」製作委員会

関連リンク

映画「リトル・フォレスト」 オフィシャルサイト

関連商品

リトル・フォレスト(1) (ワイドKC アフタヌーン)

著者/訳者:五十嵐 大介

出版社:講談社( 2004-08-23 )

定価:

Amazon価格:¥ 1,026

コミック ( 170 ページ )

ISBN-10 : 406337551X

ISBN-13 : 9784063375510


Pigooオンデマンドランキング