前田敦子 映画『Seventh Code』の撮影は“一番大変な撮影でした” | GirlsNews

前田敦子 映画『Seventh Code』の撮影は“一番大変な撮影でした”

女優, 映画・ドラマ
黒沢清監督(左)・前田敦子(右)
黒沢清監督(左)・前田敦子(右)
  • 前田敦子
  • 黒沢清監督(左)・前田敦子(右)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • このエントリーをはてなブックマークに追加このエントリーをはてなブックマークに追加

1月11日、映画『Seventh Code』の初日舞台挨拶が渋谷のシネクイントで行われ、女優の前田敦子さんと黒沢清監督が登壇した。

本作は3月5日に発売される前田敦子さんの4枚目のシングル「セブンスコード」のミュージックビデオとして制作され、プロデューサーの秋元康氏からの“映画みたいに作ってくれ”という注文によって、黒沢清監督が監督・脚本を担当し制作された。

昨年11月には第8回ローマ国際映画祭で最優秀監督賞と最優秀技術貢献賞をW受賞し話題となっており、大きなスクリーンで観ることができる映画館での上映となる。

前田敦子さんは「ミュージックビデオを撮っていただいて、このままで終わるのはとっても惜しいなと思ってる時に賞をいただいて、そして映画館で1週間限定ではあるんですけど、皆さんに映画館で観ていただけるのがすごく嬉しいです。」とコメント。

黒沢清監督がオリジナルのストーリーを書き監督をしたことについて前田敦子さんは「脚本をいただいた時にとってもハードルが高いなと思って、実際お会いした時も、殺陣のシーンとか本気でとりあえず全部ちゃんとやってくださいっていう風に言っていただけたので、“よしっ!頑張ろう”って行く前からかなり気合を入れることができましたね。」と語る。

本作は、ロシアのウラジオストクで撮影が行われたのだが、黒沢清監督にとって初めての海外ロケだったそうで、前田敦子さんは「えぇ~そうなんですか?」と驚きの表情を見せ、黒沢清監督は「東京以外で映画を撮ることはほとんどなくて、いきなりロシアだったんです。一番初めの打ち合わせで秋元さんが“ロシアなんかいいんじゃない!”とつぶやかれたから」と意外な事実が明らかにされていた。

撮影のエピソードとして前田敦子さんは「とってもタイトだったので、あと気温の変化とかもすごくて私的には今までの作品の撮影の中で一番大変でした。もうでも、監督も本当にすごく素敵な方なので、監督のためにどう頑張ればいいんだろうていう格闘がとてもありましたね。いろいろひっくるめても一番大変な撮影でした。」と明かす。

黒沢清監督は前田敦子さんのことについて「やっぱり素晴らしかったですね。何の不平不満もなく(撮影に)付き合ってくれましたし、一番感激したのはやっぱり歌うところがあるんですね。(撮影は)夜中なんですけど、突然それまでの役を演じていたのとガラッと変わったプロのアイドルに変わるんですよね。これはスタッフたちもそれを見て“いいもん見たな”“前田敦子 目の前で歌ってるよ”“すごいもん見ちゃったよ”と、あの過酷な撮影の最後にすばらしい歌を目の前で歌ってくれたというのはすごい感激でしたね。」と大絶賛。

最後に黒沢清監督は「前田敦子は本当にすばらしい女優でこんなにいろんな可能性を秘めているということが、この作品でも再び証明されていると思いますのでたっぷり前田さんを堪能していただけると思います。」とコメント。

そして前田敦子さんは「3月にはニューシングルとして、ミュージックビデオとしてこの作品がたぶん入ると思うんですけど、こうして映画として観てもらうのが本当に嬉しいので、1週間限定なんですけど是非よろしくお願いします。」とアピールしていた。

映画『Seventh Code』は1月11日(土)よりシネクイントほか1週間限定公開!

(C)2013AKS

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連リンク

映画『Seventh Code』公式サイト

関連商品